カテゴリー

2010/05/18

玄関リニューアル!

100518-1-1.jpg
昨日ドアを交換してもらったpin母家の玄関、実はまだまだ続きがあるのです。

出来るだけコストを抑えるためテレビドアホンの移設などは私たちがすることにしていたのですが、昨日業者さんのドア交換が終わったのが18時近く。

さすがにそれから作業するのは時間が足りないので、状況確認をしたり必要なものを考えたり調達したりして、今日の午前中の作業に備えたのでした。

昨日のドア交換が終わるまでは、“取り付けの邪魔になるので外しておいて終わったらまた元の位置にもどす”のだと思っていたのですが、な・なんと新しいドアがものすごーく出っ張っていて、元の位置は半分以上枠とかぶってしまうため、もどせなくなってしまいました…。

仕方がないので移設。

ケーブルをそのまま露出させておくわけにもいかないしな?と昨日の帰りにホームセンターを物色。屋外なので、普通の樹脂製モールではパリパリに劣化してしまいそう…と金属製のモールを購入してきました。

元々のドアホンがあったあたりははそのままコーキングせずに残しておいてもらったので、バックアップ材を詰めてコーキングをしなくちゃだし…。


100518-1-2.jpg
こういう経路で移設します。
元々ついていた位置だと、角度調整を頑張ってしてもカメラ機能が活かせきれない感があったのですが、このくらいずれせば、来客のお顔もバッチリです。不幸中の幸いかも。

モルタル吹付けの外壁なので固定方法をなやんだのですが、シンプルにビス止めすることにしました。もちろんコンクリート用プラグ使用です。


100518-1-3.jpg
テレビドアホンの移設がメインとはいえ、それだけの作業ではありません。

一番上の玄関灯は、あまりにもドア側に寄ってしまいコーキングも出来ない状態(まぁ、見た目もあんまりだし)。そこで出来るだけ左にずらし、コーキングもしてみました。
自作の表札(なかなかよく出来たんだけど、個人情報がバッチリなのでお見せできないのが残念です)の位置もずらしたりと細々作業しました。

などと書いていますが、実はワタクシ、mosを母の家に残して午前中は染色教室に行っておりまして、すべてmosのお仕事なのですm(u_u)m

いつもながらどーもありがとう!


100518-1-4.jpg
えー、そろそろ思い出せなくなってきた、元々の顔。
写真を発掘してみましたよ。


100518-1-5.jpg
リニューアル後のお家の顔。

スッキリしましたねー。pin母も喜んでおりました。
よかったよかった。



2010/01/26

着々?

100126-1-1.jpg
細かな部分をひとつずつ片付けている毎日です。

リビングの窓のカーテンレールを取り付けました。カーテンボックスも作ろうかな??とか考えた時期もあったのですが、窓自体が天井近くまであるので位置的にムズカシイかな?という結論に。

カーテンはすでに購入済み。お掃除が終わったら取り付けようと思います。


100126-1-2.jpg
窓枠の下の部分。
リフォーム前は障子があったので、レールの溝がきってありました。そのままではちょっとねぇ…という感じだったので、フローリングの端材を加工して取り付け。カットした断面が目立たないよう、ジョイントコークのアンバーを塗り塗りしました。これでスッキリ。

ずいぶん前から何で仕上げようかと悩んでいた部分なので気分もスッキリです。


100126-1-3.jpg
今まで仮の照明器具がついていた天井にも、本番のシーリングライトを設置。

2部屋→1部屋になったので、本来ならば中央にひとつの照明でもよいかもですが、元々の配線をそのまま使えること、使っていない部屋は消灯しておけることなどから、そのまま2ヶ所に取り付けました。


100126-1-4.jpg
元々は和室なため、壁のスイッチがありません。いちいち、照明のヒモをひっぱるのは面倒そうなので、リモコンつきのシーリングライトを選択し、スイッチ替わりにリモコンを壁に。

各部屋のもの、2つ並んでいます。


100126-1-5.jpg
キッチンでも細々。

冷蔵庫の設置場所の近くにはコンセントが無いため、モールで延長。
この場所、元は勝手口だったんですよね?。キレイになったのを見ると感無量だわー。


100126-1-6.jpg
延長に使用したものは、パナソニック ザ・タップX
差込口にシャッターみたいなのがついている、スグレモノです。
若干高価だったのですが、あまりアクセスしない上にホコリもたまりやすい場所なので、コレを選びました。

だいぶ、完成に近づいてきました(引越し日も近づいてきたけど…)。

もう少し細々としたお仕事を頑張ります!


2010/01/22

あっちもこっちもラストスパート?

100122-1-1.jpg
苦手なコト、それは上下水関係。いろいろ調べるわけですが、はっきりコレ!という情報も少ない割にはパーツも多い。しかも、ミスると大惨事!

いろんなブログを拝見していると、シロウト(たぶん)なのにさらっと上下水工事をしている方を見かけることがあるのですが、ソンケーしますね。

…などと言っても、やらねばならない事実は変わりません。引越しは目前ですから。

とりあえず、比較的シンプルそうなキッチンから。
システムキッチンにストレート形止水栓は付属していないので、オークションで購入。購入するときもこのサイズや長さでよいのかな??と悩みはつきず、それもまたストレスだったり。

作業エリアは、引き出しを外した奥の方なのでヘンな体勢になってしまうことも多く、それなりに疲れました。あと、化粧板の穴あけが面倒かな。

悩みに悩んだ、洗面所の写真はなし。とにかく、なんとか(見た目は)なったので、あとはしばらく水もれがないか見守るのみです。


100122-1-2.jpg
そして、こちらは電気屋さんのお仕事。

今回IHクッキングヒーターを導入することもあるし、一部電気屋さんをお願いしました。
分電盤を変えると高くつくから…と頑張ってくれたのですが(pinの知人の電気屋さん、ありがとうございます)、東電さんとのやりとりの中で漏電ブレーカも変えなければならないことが判明。新しい分電盤になりました。
壁紙も新しくしたんだし、新しい分電盤で気分もすっきり。

あとは東電さんにアンペア数を変えてもらうのを待つだけです。


100122-1-3.jpg
それから、結構前から悩んでいたココ。堀ゴタツのトコロですよ。

この断面をどーにか隠さねばならないのですが、厚みが30mm弱あるのです。ホームセンターに行く度に、よい材料はないかな??と物色していたのですが、なかなかそううまくはねぇ。


100122-1-4.jpg
で、行き着いたのがこの見切り材。2m位の長さで2~300円だったかな?

最初はアルミアングルとかも考えたのですが、お部屋の色から浮きそうだし、若干ひんやりもしそうという理由でやめました。


100122-1-5.jpg
もちろんこの見切り材だけで、30mm近くの厚みは隠せないので一手間かけてこんな感じに。フローリングの端材を周囲に一周ぐるっと貼りつけました。

もちろん下地の調整からしたのですが、それが一番大変でした…。


100122-1-6.jpg
mosさんが、掘りゴタツと戦い、電気屋さんが分電盤を設置している間、私はクッションフロアの準備。

いきなりクッションフロア用接着剤を塗っている写真からですが、実はここまでが大変だったんです。
前回と違って、狭いスペースな上に巾木もはずしていない。…と言うわけで、フロア材のカットがとっても大変でした。
今回は、大きな紙で型紙を作成してみました。mosさん曰く、以前調べたときに見つけた方法だそうな。でもpinが作った型紙だし、万が一ってこともあるし…と、フロア材は若干大きめにカット。念のため、現場に持っていって敷いてみたら、アレレ?な感じで(泣)。

脱衣所と同じフローリング模様のものを使用したのですが、うまく合わないし、それをなんとか収まるようにすると壁と並行がずれているのが目立つんですよねー。

ムムム。

かなーり悩んだ末、リベンジすることに。早速、新しいものを近所のホームセンターで購入してきました。頭のカタイワタクシは何も考えずに同じフローリング模様のモノを購入しようとして、mosに止められました。
『どーせ新しく買うんだから、同じのじゃなくても良いんじゃないの?あれ、模様あわせがムズカシイし…』

そっそーか、そーだよね。わざわざムズカシイのを選ばなくても良いんじゃん(って、言われる前に気付きましょう)。


100122-1-7.jpg
結局、アラがわかりづらい無難な模様を選択。コレ、大正解でした。
はるのも若干ラクだし、明るいし。

クッションフロアで仕上げた後は早速、トイレ本体の設置の準備。まずは床フランジの固定です。

そう、コレは私があの日破壊行動に出なければ買わなくて済んだのです。しかも、破壊した後のパイプのサイズがこれまたビミョーで。

これも上下水工事の苦手なところ。パイプの種類によって、サイズの測り方がマチマチなのです。本業の人から見れば簡単なんだと思いますが、たまーに使うだけのシロウトにとってはこれがねぇ。
なので、このフランジはVP・VU75・100兼用のもの。あぁぁすべては私の破壊行動から始まったのです。mosさん、すまんねぇ。

さすがに破壊した後に残っていた、旧フランジのパイプ部分は残っていると困るのでパワートーチ RZ-840で、あぶって曲げてなんとか剥がしました。これも、水道屋さんにとってはよく使う手段なようなのですが、ちょっとしたコツがいるらしい(ぐぐった結果)。いきなり本番は不安なので、短めのパイプを購入し、家で何度も練習したのはナイショの話です。

手に持って自由に角度を変えたり動かしたりできるパイプと違って、下水管にくっついている本物は、あぶりも曲げも難しかったよ…。

…てな感じで、反省しているわけです(ホント?)。次回はいよいよトイレ本体の設置だー。


2010/01/18

2重窓

100118-1-1.jpg
キッチンには2ヶ所の窓があります。

昔よくあった間取りなのか、キッチンは北側にありとーっても寒い。そこで、少しでも…と思い、2重窓にすることになっていました。
で、レールを取り付けたのは昨年の4月…。

結構面倒そうだったので、ずっとそのままでストップしていたのです(ラストスパートに入ったらこのセリフが多いなぁ)。

材料の調達はずいぶん前に終わっていたので、あとは作るだけ。ってそれが大変なのですが。

ポリカプラダンの周りをアルミアングルで囲って作りました。
アルミアングルとポリカの接着にはポリカ用シリコンシーラント セメダイン 8051Nを使用したのですが、これがまた難儀だったようです。

ようです…というのは、mosが大変な間、私はひたすら2階の窓拭きとお掃除をしていたからです。

サイズを決めるのも、難しい(らしい)…。あんまりユルイとがたつく上に、ちゃんとはまらないけど、キツすぎればセットすること自体難しくなっちゃうし。

なんとか、はめ込んだ窓、シマシマがすっきりしてキレイですね?。


100118-1-2.jpg
もうひとつの窓はこんな感じ。

この窓の開閉のための取っ手、どんなものにしたらよいのか、少し前から悩んでいました。あんまり厚みがあるものだと、引き違えなくて完全にあけることができなくなっちゃうし…。
そんなことを考えながら、ホームセンターをうろついていたある日、閃いたのがコレ。大きめのワッシャーでございます。

最初のとっかかりがあって、少しだけずらすことができれば、あとはポリカ窓の端っこを直接押せばいいもんね。


100118-1-3.jpg
取手用のワッシャーは塩ビ用の超強力両面テープで貼りつけてみました。

素材的には周囲に配したアルミアングルと似ているので、違和感なし。何度か操作してみましたが、なんとか使えそうです。


100118-1-4.jpg
その他には、エアコン用のコンセントを設置しました。

200V用コンセントがスグに手に入るか少々不安だったのですが、近所のホームセンターで購入できました。このホームセンター、もう少し小規模だった時から電気関係のものにヤケに強かったのですよ。さすがです。


2009/12/02

収納棚設置

091202-1-1.jpg
トイレの入り口に向かって右側のこのスペース、もとは洗面台が設置されておりました。

洗面台は脱衣室に引っ越したので、ここはもぬけのカラ。このままにしておくのはモッタイナイので、収納スペースとして使うことにしました。


091202-1-2.jpg
まず最初にいくつかの電気工事。

写真右側の玄関の靴箱の上あたりに、コンセントを増設。ここには電話のモジュラージャックがあるのですが、コンセントは無し。昔の電話って電気いらなかったですもんねぇ(いつの話?)。

1枚目の写真の上の方に写っている黄緑色の線(もとは洗面台の電気供給用)から引っ張ってきます。
これまでモジュラージャックがひとつだけだったスペースが、コンセント2口とモジュラージャック1つに変身する予定。電話機のコトだけ考えるとコンセント1口でも大丈夫なのですが、なんてったってコンセントの少な?い家なので念のため、2口に…ということになりました。


091202-1-3.jpg
そしてさらに、こちら側にも増設。これは先程のモジュラージャックのところのコンセントからつながっています。


091202-1-4.jpg
電気工事のメドがついたので、次に棚受けレールを4本設置。
レール自体の垂直、4本の高さを同じにすることなどに気を使いますが、設置自体はビスで止めるだけなので簡単。

棚受け金具の位置を変えれば、いつでも必要な棚の高さにできるので優れものだと思います。


091202-1-5.jpg
棚板を乗せてみました。しばらくは私たちの道具や材料を置かせてもらうので、一段一段は高さを高めにとってあります。

棚板はラワンランバー。アトム 竹炭塗料 銀杏色を塗って仕上げたもの。

この塗料、以前激安コーナーで見かけて確保しておいたのですが、いい色だけど、我が家では使うところがない…と若干困っておりました。日の目を見せてあげられてヨカッタです。この場所にはなかなかマッチしてるしね。


091202-1-6.jpg
モジュラージャックのトコロのコンセントに引っ張ってくる電線は、モールで処理しています。

途中90度に曲がるところや入隅があるので、専用のパーツ(?)を購入して仕上げようと思っていたのですが、ホームセンターで端が45度にカットしていあるパーツを発見。これくらいなら、自分で出来そう?とモールだけ購入し、角度切りをして仕上げました。

なかなかキレイに仕上がってますよね。

床を張って、入り口をなんとかすれば(なんとか?)完成なのですが、その作業は後ほどにして、次に進みますー。


2009/10/13

やった!

091013-1-1.jpg
ずっと前から気にはなっていたケド、『今すぐ問題にはならないし…まっいっか』と、とりあえずそのままになっていたもの。
それはリビングのエアコンでございます。

これのおかげで、壁も天井も手がつけられないトコロが出てきてしまうし、そろそろ購入するエアコンも検討しないといけないし…と、ようやく外すことにしました。

エアコンってフロンガスがはいってるんですよね。なので、ただ外せば良いというものではないようなのです。それが面倒で、取り外しをここまで引き延ばしてまいりました(汗)。


091013-1-2.jpg
勉強自体は結構前からしていたんですよ。

ものすごい形の室外機(しかもサビサビ)の上に載っているのは取り外しの参考書。エアコンの取り外し方というサイトを印刷したものです。


091013-1-3.jpg
フロンガスバルブを探して、サイドにあったパネルを開けてみました。

うーん、よくわからん…。


091013-1-4.jpg
狭い場所では作業しづらいので、ケーブルなどが届く範囲で広い場所に、室外機を移動。

この状態で、強制冷房をかけてみましたが、全然温度は下がらず…。

“もしかして、フロンガス抜けちゃってるかも?”と思い、配管のつなぎ目のナットをゆっくり回してみると『プシュ…』と軽く音がした後は、うんともすんとも言いませんでした。
やっぱり抜けちゃってるようです。

そうとわかれば、あとはコワイモノはなし!どんどん取り外して行きますよ。


091013-1-5.jpg
エアコン本体、取り外し完了?。


091013-1-6.jpg
こちらは今までエアコンが設置されていた場所。大物が無くなると、かなりすっきりしますね?。

これで、壁の作業もやりやすくなりました。
次回から、作業を頑張ろーっと。


2009/09/24

今日も上向き

090924-1-1.jpg
6畳2部屋分の野縁貼りと、それに伴うモロモロが終わったので、40mmのスタイロフォームを入れる作業をしています。

スタイロフォームはほんの少しだけ大きめに加工して、ぎゅうぎゅう詰めると良い感じ。こんな簡単な切り作業はもちろんpinがやっていると思いきや、リストラされました…。

自分で言うのもなんですが、あんまりにもひどい切り口なのです。
まじめにやってる(つもり)なのですが、厚み方向で切り口を見るとあきらかにナナメ。

いままでも壁に入れているスタイロや、発泡スチロールを切ってきたのですが、厚みが40mmのモノはあきらかに無理というmos上司の判断でゴザイマス。


090924-1-2.jpg
天井の隅っこにあるこの四角い穴。

ここには換気扇がはいっておりました。お茶の間に何故??という感じでしたが、少し前に出かけた公民館でも、同じような場所に換気扇があるのを見かけたので、当時多かったのかな?と思ったり。
タバコ用なのかしらん?

とりあえず、使う予定が無いので外してしまいました。

でも、あまり電線の通っていないこの家で、ここに来ている電気を無駄にしちゃうのモッタイナイなー。


090924-1-3.jpg
…というワケで、外壁に穴を開けて屋外コンセントを設置してみました。
ゆくゆくは、このあたりに照明をつけようかなと思っています。

もともとが換気扇用の配線なため、壁にスイッチがありました。

それを利用して、外の照明のスイッチに。このあたりにちょうど物置があるので、便利に使えることを期待してます。


2009/06/07

ダイノックとリアテック

今日は暑いので、1階で作業。
090607-1-1.jpg
こちらはmosの実家からいただいたペンダントライトの傘。

内側の白い部分が若干黄ばんでいるので、照明点灯時も少し暗くなってしまいます。


090607-1-2.jpg
お掃除しても黄ばみがとれない部分があったので、白いペンキをスプレー。新品みたいになりました。

この照明、2階の元和室に取り付けようと思っています。しかし本体部分が電球1個のものだったので4畳半にはチト暗め。電球型蛍光灯にしてもやはり明るさが足りません。

そこで、本体は元々この家についていた蛍光灯に交換することにしました。古い物なので、若干音がうるさいですが余り使わない部屋なので、よしとします。


090607-1-3.jpg
そして次は、1階のドアたくさんのシート貼り。全部で5枚です。元和室の出入り口は片面が襖になっているので、面で言えば7面になります。

1階のリビングでのシート貼りは、2階でした時よりも、使えるスペースが大きい(12畳ですから)ので楽ちん。頑張りましょう!


090607-1-4.jpg
まずはいつものように、サンディングから。

全体をサンディングした後、ホコリや削りかすを拭き、ダイノック プライマーを周囲や窓周りに塗って前処理します。


090607-1-5.jpg
前回サンゲツ リアテックを使いましたが、今回はスリーエム ダイノックも使うので、2種類のシートを使うことになります。

写真左がダイノック、右がリアテックです。パッと見にはほとんど同じですよね?。というか、じっと見てもほとんど違う気がしません。


090607-1-6.jpg
1枚の引き戸に、ダイノックを貼ってみました。左がbefore、右がafterって感じです(まだ周囲の余分をカットしていませんが)。

ダイノックとリアテックの違いですが、貼ってみて判明。それぞれのシートで質感が違います。接着力はダイノックの方が明らかに高いです(決してリアテックが弱いワケではありませんが)。

接着力が高いのは耐久性もありそうだし良いのですが、裏を返せば貼る作業はかなり緊張します。慣れてくれば大丈夫なのかもしれないですが、今回は結構緊張しながら貼りました。あっ!と思って貼り直そうとするとドアの表面まで一緒に剥がしちゃいそうな気がします。

どちらの製品の接着面にもよく見ると薄い溝がついているのですが、これはエア抜きのためについているようです。

そして、この溝はダイノックの方がはっきりついています(リアテックの溝は最初あることに気がつきませんでした)。そのためか、接着力がものすごく強いにも関わらず、ダイノックのエアを抜くのは楽に感じられました。


090607-1-7.jpg
せっかく、表面がきれいになるのだから、これも替えよう!ということで、引手を購入してきました。元々のものはかなり汚れていたので。


090607-1-8.jpg
完成! すっきりきれいになりました。

まだ、裏面の襖の部分を何とかしなければならないんですけどね。


2009/04/12

システムキッチン設置

090412-1-1.jpg
キッチンパネル貼りが終了したので、システムキッチンを設置してみました。

あれ?床が先の方がいいんじゃないの?と思う人もおられるかもしれませんが、ここは先にキッチンを設置します!

理由は…1、フローリング材をケチりたい(笑) 2、pin母は背が低いのでたとえ3mmでも高さを稼ぎたい(笑)の2つです。

最初はコンロ側のユニットから並べていきました。

これに天板がのるので、裏側の石膏ボードだけの部分はばっちり隠れます。


090412-1-2.jpg
天板をつけていない状態はこんな感じ。

手前の穴の部分にIHクッキングヒーターが設置されます。

ユニットの移動時は引き出しが重いし邪魔なので、いったん抜いて運び、セッティング後に引き出しをいれ、引手をつけるという手順でやっています。


090412-1-3.jpg
引手はこんな風に袋に数本ずつはいっていました。

…てか、これ雑な梱包ですよねぇ。引手同士がこすれるので、既に数カ所キズがついていました(涙)。


090412-1-4.jpg
天板まで設置してみました。

このあたりだけ見ると、清潔感があっていい感じだなーと思います。
あ、床は見なかったことにしてください(笑)。

しかし、こう見ると天井もあんまりきれいじゃないなぁ、そのままにしようかと思ってたんだけど、やっぱり何か方法を考えないとかな。


090412-1-5.jpg
シンクも使いやすそうです。

形は我が家と同じなので、“そっかー、こういう感じになるのね”などと、変なトコロで感心したり。


090412-1-6.jpg
シンク下の様子。

給水排水ともにまだ接続はしていません。


090412-1-7.jpg
とりあえずIHクッキングヒーターも置いてみました。

手前がわに少し傾けて四角い穴に入れる感じ。IH、説明書にも詳しい設置の仕方の記載がないため、これでいいのかな?と思いながら試行錯誤です。

通常は業者さんが設置するのだろうから、詳しい説明はいらないのでしょうね。


090412-1-8jpg
黒い覆面レスラーの顔のような物体は、IH用のコンセントです。
今回は我が家用に購入してあったものを流用。これ、顔に見えますよねぇ。何度見ても笑っちゃいます。狙ってるのかな?

シルバーのものはIHクッキングヒーターの取り付け部品。スペーサーのような役割のものです。これで前面の隙間を埋めるようです。こんなものがあるんですねぇ。

2009/04/01

インターホン設置

090401-1-1.jpg
今日はインターホンを設置しました。

玄関側はこんな感じ。なんだかビミョーな位置ですね…。

もう少しドアから離れていればなぁとか、高さが低いなぁとか思うのですが、もともとついていたものがこの場所なので、どうしようもありません(ものすごく手をかければどうしようもあるんですが、そこまではね…)。


090401-1-2.jpg
2人でカメラの位置を調整した結果、これくらい見えるようになりました。
これなら実用上問題はなさそうです。

この室内側のモニターは、廊下の天井付近から(もとはただのチャイムだから天井付近で問題なかったのです)キッチンに移動しました。
先日コンセントを増設した時のように、筋交いと闘いながらなんとか配線しました。


090401-1-3.jpg
そしてキッチンには、こんなものを取り付けました。

この家、結構寒そうなので2重窓にしようと計画中。
内側にポリカ窓を設置するためのレールの役割をするアルミチャンネル。


090401-1-4.jpg
こちらの窓にも設置。

上側にもレールを取り付けて…窓もつくって…ともう少し時間はかかりそう。
細かい作業です。こういうことを始めると、いくらでも時間がかかりますねー…。