カテゴリー

2012/04/02

ベランダ、少し前進

前回から2週間弱で再び助っ人登場!
頑張ってベランダ組立作業の続きを行いました。

今日のスタートは恒例の穴掘りから。

どこを掘っても大きな石がゴロゴロ埋まっているので一苦労です。



一本目の柱を立てて前回組んだ部分と桁で接続して一段落。
休憩する?とおもいきや、続けて4本目の柱用に最後の穴掘りをしました。
柱を設置する前に反対側の妻梁を設置中。
今日も助っ人さん、大活躍です。



柱と桁を組み立てたら、一定間隔ごとに根太を設置します。

この根太は、ボルトで固定します。もちろんワッシャー、バネ座金、ナットなども必要になります。不安定な足場の上で上を見上げつつ、細かいパーツを扱う…。これが結構たいへん。落っことしたら地面と同化して探すのが大変だし、神経使いますねー。



根太まで完成の図。

ここでお昼休憩。食後にお茶を飲みながら、午後からの作業の作戦会議もしましたよ。




柱の足元にコンクリートを打つか(説明書には最後にコンクリート打ちって書いてあるけど)、それともそれは後にして上へ上へと進むか。どっちのメリット・デメリットも考えましたが、今回はとりあえず上に行くことに。

コンクリートを打つ前にはキチンと垂直水平を出しておきたいところ。
付属の床板を仮に設置してみたら、家と根太が垂直になっているかわかるかも?という気持ちもありのっけてみました。

やっぱり少し狂っているトコロがあるので、後日調整する予定。

手すりは今日設置してしまおうと思っているので、仮置きの床板の上に上げました。



手すり部分を組立て中。

手すりのパーツを桁にネジで固定してから、上に笠木をかぶせて固定。
説明書は相変わらずシンプルでわかりづらいので、目を皿のようにしてながめてから少し考えないといけない感じです。

アルミのベランダ、今までにも何度か遭遇したことがあります。こういうふうに組み立てられていたのね。ということが作ってみてよーくわかりました。



朝9時過ぎから日没寸前まで頑張って手すりをほぼ組み終えました。

手すりの最後の一箇所、笠木に本来はされている欠き込みがされていなかったので、設置出来ず(T_T) 何とか自分で加工することができそうなので、今度時間を見てやる予定です。

先程も書きましたが、説明書には全て組立て終わってからコンクリートを流しこむように書かれていてそのとおりに作業しているので、柱は穴の中に置いてあるだけです。

床も置いてあるだけでビスはまだ一本も打っていません。明日はなんだか台風並みの暴風が吹くとのこと(T_T) 早起きして床板を一度外して飛んでいかないようにする予定です。

まだまだ完成には遠いけど、外観はだいぶ出来てきたなーと少し離れたところからながめてちょっと感動。



そうそう、余談ですが、前回立てた柱の中に雨樋の部品が埋め込まれてしまっていたということが途中で判明。

仕方が無いので、一度柱を外して中の雨樋を取り出し、また組み立てるという悲しい出来事もありました。これで1時間くらい時間を使っちゃいました…。

でも、今の段階で気づいて良かったのかも。もっと遅かったら…ひえー。


2012/03/22

カタチが変わる

久々に助っ人登場!
お義父さんとお義母さんが久々に作業のお手伝いに来て下さいました。

しばらく商品づくりに必死だったわが家も、久々に自分の家の作業。
楽しかったですー。

で、内容はというと、1年近く前に購入し、9ヶ月も放置してしまっていたベランダです。

ある程度力もいるし、作業量も多いし、人数が多いときに最適な作業です。


さー、始めよう!と気合は十分ですが、山のようなパーツの中から必要なものを見つけ出すのが結構たいへん。

説明書とにらめっこしながらなんとか必要なものを見付け出して、妻梁の取り付けから開始。

余談ですが、こういうものって、業者さんが設置することがほとんどですよね。そのせいか、説明書は結構シンプル。先の先まで読んでおかないと、あとで“先にこれをやっておけば良かった…”とか、“これを用意しておけば良かった…”ってことになっちゃうことがあるので、できるだけ少し先の工程まで目を通すようにしています。



妻梁の壁側じゃない方は柱が立ちます。立てる位置にあらかじめ縦横50cm・深さ60cmほどの大きな穴を人力で開けなくてはならないので一苦労。

毎度のことですが、今回もゴミが出土。靴が4つ(2セット分)出てきました(T_T)
ウチの地域の開発はよくない業者が入っていて、ヒドイものだったという話を最近聞き、それで毎回出てくるゴミについてようやく合点がいったのでした。

あらら、また話が横道にそれちゃった。

柱は最後に位置をしっかり決めて、コンクリートで固定するという手順。それまでの間が不安なので穴の底に昔より分けた石を敷いて柱を据え付け、動かないように石の袋で仮固定しました。



わが家の南側の面、端から端までベランダにするには、全部で9m(5間)の大きさが必要です。購入したベランダのメーカーでは2間を超える大きさは2間以下のものを組み合わせて作ることになっています。ウチの場合は1.5間+2間+1.5間の3ブロックを組み合わせて作ります。

最初は5間分を少しずつ作っていこうと思っていたのですが、その方法だと安定するカタチになるまでに時間がかかるので、とりあえず向かって一番右の1.5間のブロックの骨組みだけを作ってしまうことにしました。

妻梁の反対側(向かって左側)にも同じ大きさの穴を掘り、連結梁と柱を取り付け、柱同士を桁で緊結。そのあとに根太を取り付けて、最低限の構造ができました。

先程も書きましたが、最後にコンクリートを流し込むまで、柱は固定せずに置いてあるだけ。でもとりあえずこれで風が来てもぐらつかないと思います。




少し離れた場所から。
久々に外観が少し変わりました。

また少しずつ作っていこう。夏までにできたらエアコンつけられるかな?(←切実)


2007/12/23

屋上で作業

071223-1-1.jpg
本日はお義父さんが助っ人に来てくださいました。

朝から小雨が降っていたのですが作業を始める頃にはポツポツくらいになったので、屋上で温室の解体をしました。

春先まで温室、夏になったら雨よけとして活躍してくれました。一応仮で作ったものなので、そろそろ解体。
今後はどこにどんな感じのものを設置しようか、少し考えてみようと思います。

それにしても作るのは大変だけど、解体はあっという間ですね。

使っていたツーバイ材などは、きれいなものとそうでないもの、無垢材と合板にわけ、薪にしたり、再利用の道を考えたりする予定。
とりあえず湿っているものもあるので、お日様にあてて乾かします。


071223-1-2.jpg
近くのお蕎麦屋さんでお昼を食べた後は、窓周りのコーキング。

なんとココは今までバックアップ材のみだったのです(汗)。

春までに終わらなかったんだけど、夏にコーキングすると虫がいっぱいくっついちゃって、もー!!ということになるので、そのままとなっていました。

マスキングはmos、コーキングはお義父さん、私は周囲の雑用という役割分担で。
気になっていたところがひとつ終わってすっきりです。

お義父さん、今回もありがとうございました?。



2007/03/18

スッキリ

本日も日帰りでお義父さん登場。

3人で一日薪の片づけ。
mosが玉切り→お義父さんが薪割り→私が薪積みという役割分担です。

途中一度お茶休憩をしましたが、その後は黙々と17時頃まで。結局お昼は食べなかったのでした。

070318-1-1.jpg
これで、今現在わが家にある原木は全て薪に変身。転がっているものも無くなりスッキリしました。

あと、空いているのはウマの乗っている段と、その下の段の一部。
もう少しもらってくる予定があるので、置き場所が足りるかちょっと不安です。



070318-1-2.jpg
上から見るとこんな感じ。

この日の1枚目の写真と比べると、大分詰まってきたように感じます。なんとなく安心感のある光景ですね(笑)。


2006/11/25

毎月恒例?

3日間、お義父さん&お義姉さんが来那須中。

昨日お昼頃に到着。お昼は豪華に湯葉料理にご案内しました。

那須街道沿いにある、【豆寿屋】というお店。さしみ湯葉、サラダ、煮物などいろいろのったお膳、とっても美味しかったです。
ご案内するだけしておいて、ちゃっかりご馳走になってしまいました。ありがとうございました?。

そして今日のお昼は、【イタリア食堂 Via Lattea】。ここはわが家が外食する時に一番よく行くお店。美味しいうえに、ランチはとり放題前菜がついてかなりお得。マスターも気取らなくて感じの良い方だし、何度いってもまた来ようと思うんですよ。

あ、食べてばかりじゃありませんよ(笑)。

昨日は、伯父の別荘でゆっくりさせて頂きましたが、今日は作業。mosは、2階トイレの石膏ボード貼りの続き、お義父さんはR階天井のパテ塗りをしてくださいました。

午前中、用事ででかけていた私は昼食から合流。午後は早めに作成したい薪小屋の位置を検討したり、石膏ボードのビス打ちをしたりしておりました。

明日は、約2年間も放置してあった敷地の角に積み上がっている松の木を片づける予定(ちょっとコワイ)。

晴れたら新人ジェイソンのチェンソー練習ということです(笑)。

2006/10/22

寝室石膏ボード貼り終了

061022-2-1.jpg
気密コンセントボックスの処理も出来たし、寝室の壁の石膏ボード貼りは着々と進みます。
今日もお義父さんが一緒に作業してくれています。

着々と…とはいえ、ここは今現在も寝室なので、それなりの荷物があります。その中でも一番の大物はベッド。しかも使ってるヤツ!

最初はこれがある場所で作業するのは、抵抗がありました(せめて寝る時くらいきれいに寝たいという思いから)。でも、そんなこと言ったってどうしようもないということに気づき、寝具をどかしてマットだけにした上からきれいなブルーシートをかけあっちこっちに引きずり回しました。いや、それだけじゃない、上に乗ったりもしました。人間あきらめが肝心です!?

石膏ボード貼りなので、やはり細かな粉塵は舞いますが、荷物をどかしながらの作業なので、それによって掃除が出来、かえってきれいになった場所もありました。


061022-2-2.jpg
天井裏に気密シートを貼った関係で、この部屋も照明はダクトレールを取り付ける予定です。
今日のトコロはとりあえずこんな感じになってますが。

2日間でまたまたたくさん進みました?。明日はきっと、2人してゴロゴロしていることでしょう。


2006/10/21

今月のお義父さん

というタイトルをつけたくなるほど、よくお手伝いに来てくださいます。
先月は26,27日だったので、まだ1ヶ月経ってませんね。ありがたや。
061021-1-1.jpg
というわけで、助っ人との作業、今月のターゲットは寝室。
天井の石膏ボード貼りからスタートです。

とりあえず、石膏ボードを加工せずまるまる1枚貼れる真ん中の列からスタートしてみました。


061021-1-2.jpg
毎回思うのですが、人数が多いとさすが早い!…というか、人数の増加以上にスピードアップしています。お義父さんの気迫のせい?

最後の1枚はここの端っこ。あちこち壁がせまっているので、立ち位置も狭いのでちょっと大変。…と思ってたら、バランスが崩れゆっくりとpinの方へ石膏ボードが降ってきました。ゆっくりだったので、特に怪我はしませんでしたがびっくりしました。…そうそう、mosが私に向かって大丈夫?って聞いてきたのにもちょっとびっくり。
よかった?、とりあえず石膏ボードよりも先に安否を尋ねてもらえて。


061021-1-3.jpg
石膏ボードにもたいした怪我はなく、気を取り直して最後の1枚を取り付け。
めでたく、寝室の天井の石膏ボードはりが終了しました。


061021-1-4.jpg
さすがのスピードで、それでも時間が余ったので吹き抜けがわの壁のボード貼りも。

とりあえず、荷物を動かさないで出来る場所だけ頑張りました。
明日は、ベッドを動かさないとだなぁ…というか、他にも移動しなくちゃならない物がいっぱいかも。



2006/10/15

ご近所さんが助っ人に!

家もご近所で、以前から仲良くしていただいているOさん。私たちの親世代より少し年下くらいの方です。
最近DIYに目覚めたとのことで、『1度手伝いに行きたいな?』と何度かおっしゃっていただいていました。

で、今日。午前中に『手伝いに行くよ?』と電話。
何をお願いしようか悩んだのですが、石膏ボード貼りをお願いすることにしました。
061015-1-1.jpg
さすがにいきなり天井のボード貼りはキツイと思うので、天井が終わっている2階の納戸の壁の作業です。

インパクトは初めてだったご様子で、パワーに驚いていましたがすぐに慣れて頑張ってくださいました。
ただ、家の石膏ボードをビスで固定する…なんて、普通に暮らしていたらなかなか無いコトなので、結構緊張していた様子。ビスの打ち込みすぎとか、ピッチとかもかなり気を使っていて『これじゃ開きすぎ?』など何度も確認の質問がありました。

『適当でいいですよ?。』と声はかけたんですが、適当ってなかなか難しいですよね…。

Oさんの奥様がおやつを持ってきてくださり、一緒に休憩。その後、納戸のボードを貼り終えるまで一緒に頑張り、Oさんは帰って行かれました。

初めての作業で疲れたかもしれないですね?。Oさん、ありがとうございました!


2006/09/27

今日は寝室

060927-1-1.jpg
昨日に引き続き、お義父さんがお手伝いに来てくださいました。

今日は、寝室の天井の断熱材詰め&気密シート貼りです。


060927-1-2.jpg
上の方ばかり写しているのでわからないと思いますが、寝室は現在メインで暮らしている場所なのでモノもたくさん。でっいベッドも真ん中にどーんといるし、作業しづらいです。

それでも、勢いのあるお義父さんにかかったら、サクサク進んでいきます。
すごいなぁ…


060927-1-3.jpg
昨日貼り終えた、ゲストルーム&吹き抜けの天井はこんな風になってます。
若干はがれ気味の部分をもう一度押してきっちり貼りつけ。
なんだか不思議な風景ですね。


060927-1-4.jpg
ラップフィルムか何かを貼ったみたい。ピーンときれいになってます。

天井って、予想通り貼りづらいんですよ。幅のある気密シート、息を合わせて貼っていかないとどこかにシワが出来たり、曲がってしまったりします。

頑張って調整しながら貼りました。


060927-1-5.jpg
寝室も、天井の気密シートまで終了しました。壁の断熱材詰めと気密シート貼りはまた後日。

天井のシートがはがれてくる前に石膏ボードを張っちゃわないとなぁ。


2006/09/26

今月も助っ人登場

060926-1-1.jpg
今月も(というか、まだ前回から1ヶ月経ってない…)お義父さんが助っ人に来てくださいました。

温室作り、義妹の結婚式、建物探訪、などなどバタバタしていた1ヶ月。久々の2階天井の断熱材詰めです。前回は9/5でしたねー。

天井の断熱材はパーフェクトバリア10K100mmを2層。

お義父さん、1層目を入れてタッカで留めてくれてます。


060926-1-2.jpg
2人で長い断熱材の両側に立って作業すると、効率が良くて早いです。
普段も出来るだけそうしてるんですが、3人いると2人は作業、1人は断熱材を切ったりして準備する事が出来るので、ホント早い。

あっという間に進んでいきます。


060926-1-3.jpg
断熱材入れが終わったので、あっという間に天井の気密シート貼りに移行。サクサクです。


060926-1-4.jpg
壁の気密シートも貼ることが出来、ゲストルームは緑色の部屋に変身。

明日も、引き続き気密シート貼りをする予定です。