2009年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

アーカイブ


2009/03/01

浴室解体工事の結果

一昨日スタートした、浴室の解体工事。
どーなったかな?と見てみました。
090301-1-1.jpg
昨日の朝までの浴室。

ステンレス浴槽、タイルのこんな感じのお風呂でした。


090301-1-2.jpg
解体後はこんな風。

あまり見る機会のない光景ですね。
浴槽、コンクリートやタイルなどはすべて持ち帰ったようで、すっきりしています。

新しく設置されるお風呂のサイズに影響がないようなので、入って正面のタイル壁は残したままになっていますね。

全体的には考えていたよりは、キレイ。

一部の木材は腐っていましたが、まぁ、これくらいで済んでよかったなぁと思いました。


090301-1-3.jpg
木材が腐っていた場所は2ヵ所。

そのうち1ヵ所がこの窓周りです。

窓台が特にひどい感じ。ユニットバスの施工前になんとか補修せねばなりません。


090301-1-4.jpg
そうそう、窓の上にはマットエースがはいっていました。

なぜか3ヵ所だけ入ってたんですが、これって全く意味なさそう…。当時の公庫基準で作られた家なので、最低限のことは…といったところでしょうか?
もうボロボロだし、こんなのいらな?い!と捨ててしまいたいトコロですが、産廃なので捨てるのも大変。意味なしでもこのままここに残すことにします。


090301-1-5.jpg
もう1ヵ所の腐ってた場所は、ドアの下。

見た目から想像するほどブカブカしていないし、これ以上進むことはないと思いますが(今度はユニットバスなので)、このままでは気分が悪いので、ここも補修対象です。

腐った場所から横に目をやると、なぜかウレタンフォームを吹いた跡が…。これも公庫仕様?


090301-1-6.jpg
ぽっかり空いた上を見上げると、広がる屋根裏。

自宅はツーバイフォーで建てているので、在来工法のこういう空間は不思議な感じがします。

25年ものの割には、ホコリもすくなく(←リフォーム番組の見過ぎ 笑)、キレイだな?とうれしい気持ちになりました。


拍手する
2009/03/03

久しぶりに自宅で作業

タイトル通り、久々に自宅の作業をしました。

午後からだったので、たくさんではないですが、ずっと放置していたキッチン(毎日使っているので、手をつけづらいのです)の天井あたりをちまちまと頑張りました。
090303-1-1.jpg
こちらは、ゲストルームの吹き抜けの下。

実は1年ほど前に、コーナービードを両面テープでとりつけ、メッシュテープまで貼ってありました。
しかし、長期間そのままにしていたため、一つ…また一つと落下してきていたのでした(苦笑)。

以前の記事を見てコメントいただいたように、釘でとめる方法でもう一度やり直してみました。

いいです!しっかりすっきり固定できました。
釘か?、言われてみればそうだなーと納得。なぜかその頃はビスしか頭になく、“ビスじゃぁ頭出過ぎるし…”と困っていたのでした。アドバイスありがとうございました!


090303-1-2.jpg
メッシュテープを貼り、パテ塗り。

ここ、ひとつひとつのマスが狭いのでやりづらいです…。
パテ自体が久々なのもあって、結構苦戦。結局2マスちょっとしか進みませんでした。


090303-1-3.jpg
mosは照明と、IHクッキングヒーター、オーブンなどの配線。

キッチン近くを以前配線していた頃は、照明の位置はおろか、調理機器の配置なども具体的には決まっていなかったので、細かくはしていなかったのです。

キッチンはワークスペースなので、吹き抜けを挟んだ反対側のリビングと比べて、照明の密度が高くなっています。

この配線、いちいちものをどかさないと出来ないので、予想以上に大変でした。
石膏ボードを貼るときが思いやられます…。

拍手する
2009/03/04

煙突撤去

本日も、母の家のリフォーム。
090304-1-1.jpg
3日ぶりの現場。
給湯器置き場予定地には既に配管がしてありました。

勝手口前には、ベースのようなものも置いてあります。


090304-1-2.jpg
そのまま視線を上にやると、煙突が。

実はコレ、前に住んでいた人が使っていた給湯器の煙突。
もう必要無いので、撤去しなくてはなりません。

鼻かくしに支えの金物が釘で固定してあったのですが、これが尋常じゃないサビかた。まわりのものとくっついてなんだかわからないくらい一体化していました。
こんな雨にあたりまくる場所なのに、ステンレス釘じゃないなんて…です。

四苦八苦しながらむりやりはがしとりました。


090304-1-3.jpg
ようやく全部撤去できてすっきり。
壁に空いた穴はなんとか塞がねばなりませんね。

そうそう、煙突からは大量の煤がハラハラ…。
こうなることは予想していたのですが、気をつけていても、やっぱりあちこち真っ黒になってしまいました(涙)。


090304-1-4.jpg
浴室は一昨日土間コンを打ったとのこと。
床が変わっただけなのに、少しすっきりした印象です

私たちは、古い換気扇を撤去したり、配線したりとまだまだ作業があります。

ユニットバスの設置は13日に決定。日程にちょっと余裕があるのがうれしい。頑張らなくちゃです。


拍手する
2009/03/09

こーちゃん再び

今日もリフォームに行きました。
090309-1-1.jpg
浴室の土間コン、そろそろ固くなったので、換気扇の撤去や電気配線、その他の木工事をスタート。

まず換気扇から…と、mosが古い換気扇をはずした時、“わっ”と思わず声が。

外したらこんな状況だったのです。

汚れは覚悟していたものの、左右に予想しなかった2つの物体。

右は大きな蛾でしたが、左はいったい…?


090309-1-2.jpg
アップにしてみました。虫かと思ったけど、なんだかフサフサしてる…これは! そうです、コウモリです。

覚えていらっしゃる方もおられるかもしれませんが、私たち、前にも自宅で遭遇したことがあるんです。

なので、慣れている(?)はずなのですが、やっぱり驚きました。

今回のコウモリさんも、前回と同じ種類のような気がします。
あのときはコテングコウモリかな?と思ったけど、やっぱりアブラコウモリかなぁ?


090309-1-3.jpg
こちらは、お風呂の換気扇を外から見た図。
フードとかそういったたぐいのものは何にもなかったんです。ひどいでしょ(キッチンの外もこんなです…)。
しかもこのコンセント、やばくないですか?軒下とはいえ、なんですが…。

こんなんだから、隙間に虫とかコウモリとかはいっちゃうんですよね。
この写真は3/4に撮ったものですが、よく見るとコウモリらしきものが写っていました。丸で囲った中にご注目(笑)。

*ちなみに、blog中の写真はすべてクリックすると大きくなります。


090309-1-4.jpg
今日のトコロは、換気扇が無くなった箱部分は養生テープでふさぎました。

新しい換気扇は、直接ユニットバス付属のものに接続されるため、コンセントは必要なし。キケンなので早速つぶしてしまいました。後々コーキングもします。

旧換気扇の箱の上に明けた丸い穴は、新しい換気扇のためのもの。“旧換気扇の位置では低すぎるので、もっと上に穴を開けてください”という指示だったのですが、これを開けるのが大変で大変で。

この家の壁はモルタル仕上げ。ちょっとやそっとじゃ歯が立ちません。
プロなら、コアドリルで開けるのだと思いますが、そんな高いもの&1度しか使わないものを購入するのもちょっと…ということで、自由錐でチャレンジ。あっという間に刃がすり減ってしまいました。仕方がないので、丸く削れた跡の上からドリルで地道に穴開けしようやく開通。

その穴に塩ビパイプを通し周囲をコーキングしたので、乾くのを待って次回はフードを取り付けたいと思います。


090309-1-5.jpg
実は、キケンなコンセントはもう1ヵ所ありました。

こんな高い位置のコンセント、いったい何に使っていたのかは全く不明。

つぶしてしまおうかとも思ったのですが、とりあえず防水仕様に変更しておきました。

この家のリフォームを始めてから、一見フツーに見える家もよく見ると、意外と不思議なことになっている部分も多いのかも?と思うようになりました…。

いやいや、そんなことはなくてやっぱりウチだけ変わってるのかな?


拍手する
2009/03/12

いよいよ明日

明日は母の家のユニットバス設置の日。
まだまだやらなければならないことがあるので、リフォーム現場に行ってきました。

せっかく出動したのですから、もちろん浴室周辺以外の作業もしてきましたよ。
090312-1-1.jpg
コチラは、先日撤去した煙突が通っていた穴。

どーにかして塞がねば…でもどうやって?と考えていたら…


090312-1-2.jpg
mosがこんなものを作成していました。

木枠の中の水色の物体は、1階の和室を洋室に替えるときに床下に入れようと思って購入しておいた断熱材(スタイロフォーム)の端っこ。

まだ使用していないのですが、使用するサイズはわかっているので余る分を切り出して使いました。


090312-1-3.jpg
気密シートの端材を貼ってはめこんで見たところ。

もちろんこのままにはしませんが、仕上げまでにはもう少し時間がかかるので、今日のトコロは周囲にコーキングをしておきました。


090312-1-4.jpg
先日開けた新しい換気扇用の穴に、直径100mm塩ビパイプをとりつけそこにアルミのフレキパイプを固定。

換気扇の位置が不明なので、とりあえず長めにしておきました。

右側にタテに走っているのは換気扇用のケーブル。
写真には写っていませんが、手前には照明用のケーブルも用意しました。

フレキの下の旧換気扇部分は、先ほどのキッチンの穴と同じ方法で塞ぎました。


090312-1-5.jpg
外から見るとこんな感じ。ここもいずれ仕上げします。

フード周囲や、旧コンセント周囲、塞いだ場所のコーキングはpin作。コーキング作業自体、2度くらいしかしたことがないので(いや、不器用なせいかも…)余りよいできばえではありません。


090312-1-6.jpg
浴室の窓周囲の腐っていた部分、いろんな工具を動員してなんとか除去し、新しい木材を取り付けました。

途中で切れているのは、ボルトが入っている部分があるから。
とりあえず構造には関係ないし、ユニットバスの窓枠設置にも問題ないので、こんな感じの補修です。


入り口部分の腐った部分も同様に補修して、さー終わり?!と喜んでいたのもつかの間。イヤ?なお知らせが…

玄関方向から、『こんにちは?』という工務店さんの声。

『実はですね…。昨日、お風呂屋さんと現調したんですが、このままだと出入り口の開口が足りないんです。』とあっさり。

“は?今なんて?もう4時半なんですけど”(←ココロの声)

浴室を一緒に見ながら説明を受けると、確かに柱や養生シートに記しらしきものが書いてありました。

一瞬、頭の中が真っ白になりましたが、とにかくやるしかありません。

開口するための道具や材料はほとんど現場にはないので、往復30分かけて自宅までとりにいきました。
道中2人で、あれとこれと…と必要なものを考えながら。

暗くなってきたので、工事用のライトも持ってきました。
090312-1-7.jpg
いざ!丸ノコでカット。空中でタテに切るのはかなりコワイですよ。でも、他に方法が無いので仕方ありません。


090312-1-8.jpg
途中、困難なこともいくつかありましたが、なんとかOpen!

ほっと一安心です。


090312-1-9.jpg
浴室側から見ると、こんな感じ。

結構大きい穴ですねぇ。


090312-1-10.jpg
切り取った壁とドア枠。
見た目以上に重いです。今日はもう体力がないので、明日の朝どうにかするとしよう。

この後、切り取られた場所に何カ所かツーバイ材で補強を入れてようやく帰宅。


つっ疲れました…。

ってか、あの時私たちが現場にいなかったら、工務店さんどうしたんだろう?自分達でなんとかしたのかな?

昨日そんな話があったんだったら、早く言ってくれればいいのになーもう!と憤慨しつつ、“現場の大工さんってこんなコトが結構多いんだろうな?大変だな?”とも思うのでした。

さてさて明日も早起きだー。

拍手する
1 / 3123
canadian pharmacy online FDA CIPA approved buy viagra soft Buy only from licensed online pharmacy ^#{' buy levitra licensed Canadian pharmacy. Product description canada pharmacy #]^ buy viagra professional and compare prices. Full details of the medication: composition, manufacturer, purpose, use, contraindications, located on the canadian pharmacies <,[ viagra professional We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer. The accumulation of points and extra discounts makes favorable re-order in canadian pharmacy ;]# medicines online order We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer.