2022年8月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ


2007/01/08

寒ーい

相変わらず外作業の日が続いています。

1/5は、薪小屋のパーツづくり&薪積みに加えて、傷んでしまっている薪を焼却処分しました。
ドラム缶が初出動です。かなり大きな丸太まで燃やせて便利便利。最後には焼き芋も作ってみました(笑)。

1/7は、近所の別荘のかたから頂いた薪の細いモノを、スライド丸ノコで玉切りし薪小屋に積みましたが、容赦なく降る雪&みぞれと容赦なく吹く強風に、2時間でギブアップしました。さ、さむい・・・

そして今日も、玉切り&薪積みです。
070108-1-1.jpg
スタート時はこんな感じ。昨日までにいろいろな薪をここまで積みました。

ちなみに右の方の棚に見えている、ピンク色とかオレンジ色の板が5日の日に作ったパーツです。合板にペンキを塗って、裏側を2×4材の半割で繋いであります。この2×4材が単管にひっかかり、前後にずれないようになっています。

ある程度薪を積んでしまったので見えなくなってしまいましたが、このスノコ状のものが各段に置いてあります。



070108-1-2.jpg
細い丸太はこの方が早いので、スライド丸ノコでガンガン切ってます。
積む方が間に合わない位でした。

ネコ車で運んで積みまくり、真ん中の列の下段がいっぱいになったので、向かって右側の下段にも少し積み始めています。予想はしてたけど、小屋の容積、間違いなく足りないなぁ。

薪小屋2号を作らなくちゃいけないんだけど、そろそろ家の中の作業にももどりたいところ。
あれもこれも、春までには!って思うんだけど、中々うまくいきません。春なんてあっという間に来ちゃいそうだなぁ。



そうそう、チェンソーの目立てについて、沢山のかたにいろいろアドバイス頂きありがとうございました。

昨夜、飛魔人さんのコメント欄を参考にしながらmosが慎重に目立てをしてました。今日、結果を知るために切ってみたところ、中々良い感じでした。新品の切れ味を10としたら7位だそうです。

チェンソーの固定も出来るようにして、頑張って(?)目立てしたいと思います?。あと、他の皆さんが言われていたように、『こまめに』が必要ですね。目立て道奥深し。むむ。

あとですね。チェンソー繋がりで、皆様にもう一つお聞きしたいんですが、作業台(ウマ?)って使ってらっしゃいますか?

中途半端な姿勢が続くので、結構腰に来るようなんですよ。山や現場では無理だと思いますが、家で玉切りする時は何かあったらいいのかなーと思いまして。

こんな馬も見つけたんですが、どうなんでしょうねー。同じ形の製品がSTIHLからも出ているようですが。
これって支えと支えの間じゃなくて、外側で切るんですよね??なんだか謎だなぁ・・・。使った事のある方いらっしゃったら、感想をお聞かせ頂けたら嬉しいです。

質問シリーズでした(笑)。

拍手する
2007/01/10

コンクリート平板をつくる

タイトルの通り・・・平板を作成してみました。

薪小屋をもう1基つくらないとダメそうです。
・・・ってことは、平板を最低あと8個買わなくちゃなんだけど、コンクリート平板って結構高いんですよね。@300円也。

材料もあるし、作ってみるかなーとmosが型作りからはじめてました。

070110-2-1.jpg
型です。一度に4枚作れます。

剥離出来ないと困るので、底の部分には気密シートを敷き周りにはオリーブオイルを塗りました。
8枚欲しいので、型をもう1度使いたいのできれいに出て欲しいトコロです。



070110-2-2.jpg
ネコ車でコンクリートを練って入れてみました。

型をトントンたたいてエア抜き。ポツポツと泡が出て来て面白かったそうです。
玄関前で型に入れたのですが、下のコンクリートに水勾配がついているため型の下に異型鉄筋を敷いて水平調整しています。

出来あがりが楽しみです。

ところで、この自作平板の材料費をざっと計算してみたら1枚150円弱くらい。
売値はこの倍くらいって事は、材料費が若干安くなったとしても、思ったよりぼったくってないお値段なのね・・・


拍手する
2007/06/11

急を要するので

070611-1-1.jpg
たくさん並んだ、杉板やパインの角材。

内装のための物ではありません。

ソワードカラーで着色した後、キシラデコールのカラレスを塗りました。


070611-1-2.jpg
乾燥後、組み立て途中。

何に見えるかなー?

実はコレ、コンポストです。

最初、お友達のブログで見かけてよいな?と思った物。実物を見せてもらったらもっと欲しくなりました。

“無農薬で庭づくり”を参考にして作ったという事だったので、早速ネットでチェック。

そしたら、著者の方のサイトを発見。木製コンポストボックスについて詳しく書いてありました

コンポスト自体はずっと前から欲しかったのですが、緑色のアレはちょっとなぁ・・・と思っていたのです。

木製のこれなら庭に置いても、ヘンじゃないなーと作り始めたワケです。


070611-1-3.jpg
外の笠木を巻いたガルバの残りがあったので、フタの表面に使うことにしました。

巻き込もうかとも考えたのですが、技術的に難しい気がします。下手をしたら、ガルバと合板の間に水が入りやすくなっちゃいそうなので、今回は貼りつけ。
ブチルの両面テープとエースクロス031で貼ることにしました。

写真下のものが、貼りつけ終わったフタです。


070611-1-4.jpg
完成。

この状態で外側だけもう一度キシラデコールを塗りました。

とりあえず外で並べて写真撮影。かわいいコンポストが出来ました。

なんで2つしか無いかと言うと、先日私がお遣いに出かけた時、なぜかステンレスの蝶番を2組しか買ってこなかったからです。コンポストは3つなのに…何故だ?

パーツはすべて組み終わっているので、あとは蝶番を待つのみです。


070611-1-5.jpg
横から見るとこんな感じ。

ちなみに材料費が、3つで約3,000円(ガルバリウムは別)。安い?。でも、自動カンナを通したり、サンディングしたりという手間を考えると、売っているものが高いのも頷けますねー。

もちろん永久には持たないと思うけど、何年かは頑張って欲しいので、ネジもステンレスのものを使いました。

“生ゴミぱっくん”という名前をつけたら、mosに『それはかわいそうだ』と言われました。
さんざんなやんで(←悩むほどのこと?)“ぱっくん”にすることにしました。

設置したその日から活躍中。

我が家のゴミは、定期的に町の処理場に持って行っているのですが、それなりの期間をあけるので暖かくなってくるとニオイが気になるんです。

最近、私がいつも生ゴミをイヤそうに見ていたようで、mosが気にして急いで作ってくれたのでした。

無言のプレッシャーをかける女。わはははは。



拍手する
2007/06/25

逃避?

先日作ったブツを使用して作業している部分、どーも出来上がりが気に入らないようで写真を撮る気にもならないそう。

少し時間をおいてから何か工夫をしてみようということになったため、その後レポはまだ先になりそうです。
070625-1-1.jpg
そんなこんなで気分がのらない事もあり、逃避中のmosさんです。

以前から欲しかったモノなんですが、私としては思ったよりもずいぶん早いので具体的なビジョンもなく(いつも無いんですが 笑)、どんなサイズでどんな使い勝手でどんな見た目のものが欲しいかを伝えるのにかなり迷いました。

で、なんとか着工。

あ、作っているものはガーデンシェッド(平たく言えば物置)です。

こちらは、ウエスタンレッドシダーで作成した土台部分。本来は4×4材を使用するところですが、物置(しかも、ガーデニング用)なので、余っていた2×4を使用しました。


070625-1-2.jpg
そして、根太。

端材一掃もかねていますので、補強をかねてそこここに短い端材があわせてあります。

この根太と土台部分は、設置前に余っているキシラモンを塗る予定。


070625-1-3.jpg
合板も張りました。着々ですね。

裏側には根太とともにキシラモンを塗布予定。

表側はVATONフロアーの艶なし予定。相当な量が余ると思われるので、禁断の“艶なし2度塗り”の実験です。艶なし塗料同士を塗り重ねるとムラになってしまうらしいのですが、まぁ物置の床ですから…。強ければヨシと言うことで。

どういう結果になるのか楽しみです。


070625-1-4.jpg
3面分の壁の骨組みも出来ました。
エセ2×4工法なので、はやいですね?。

ほとんど家に在庫していた材や端材で出来ているのですが、合板と屋根材と外壁が足りません。
屋根はアスファルトシングル、壁は杉板を下見張り(鎧張り)にする予定。何色の壁にしようか楽しみです。

しかし、外の準備はゼロ。雨も降ってるしどーにもなりません。
穴掘って採石入れて固めなくては…


拍手する
2007/07/17

息抜き?

内部足場を無事返却出来たので、息抜きにガーデンシェッドの続きを!と言うことになりました。

070717-1-1.jpg
余っていた5mm合板を、切断して木工用ボンドで接着中。

自家製LVLです。


070717-1-2.jpg
接着剤が乾いてから、端っこをテーブルソーで切断。ぴしっときれいになりました。


070717-1-3.jpg
積層面が見える面、1面だけですが更に合板を貼りました。これで3方向がきれいな状態に。

さてどこに使いましょうか?


070717-1-4.jpg
床になる部分の合板には、VATONフロアーの艶なしを塗りました。

ついでに棚板にする予定のOSBにも塗り塗り。



070717-1-5.jpg
外壁は杉板の下見張りにするつもりなんですが、塗料を何にしようか結構悩みました。

そんな時に見つけたのが、この酔狂な実験

この方、すごいです。これだけの塗料をいっぺんに用意して実験しているなんてすごすぎる?。

さんざん見せて頂いて、【スーパーウッドステイン】【ノンロット205N】にしよう!というトコロまでしぼりました。
しか?し、いろいろ調べたんですがどうも気に入る色がない。

あんなに調べたのに、結局データの無い【サドリン クラッシック】を購入しました。

色はグリーンアンバーというシックなもの。落ち着いた緑色にしたかったんですよね。


070717-1-6.jpg
早速塗ってみました。

雨が降ったりやんだりなので、室内干し。溶剤のニオイが結構きついです(苦笑)

まだ1度塗りですが、思った通りの色でホッとしました。

建てたらどんな感じに見えるのか、楽しみです。



拍手する
canadian pharmacy online FDA CIPA approved buy viagra soft Buy only from licensed online pharmacy ^#{' buy levitra licensed Canadian pharmacy. Product description canada pharmacy #]^ buy viagra professional and compare prices. Full details of the medication: composition, manufacturer, purpose, use, contraindications, located on the canadian pharmacies <,[ viagra professional We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer. The accumulation of points and extra discounts makes favorable re-order in canadian pharmacy ;]# medicines online order We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer.