2022年8月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ


2009/09/24

今日も上向き

090924-1-1.jpg
6畳2部屋分の野縁貼りと、それに伴うモロモロが終わったので、40mmのスタイロフォームを入れる作業をしています。

スタイロフォームはほんの少しだけ大きめに加工して、ぎゅうぎゅう詰めると良い感じ。こんな簡単な切り作業はもちろんpinがやっていると思いきや、リストラされました…。

自分で言うのもなんですが、あんまりにもひどい切り口なのです。
まじめにやってる(つもり)なのですが、厚み方向で切り口を見るとあきらかにナナメ。

いままでも壁に入れているスタイロや、発泡スチロールを切ってきたのですが、厚みが40mmのモノはあきらかに無理というmos上司の判断でゴザイマス。


090924-1-2.jpg
天井の隅っこにあるこの四角い穴。

ここには換気扇がはいっておりました。お茶の間に何故??という感じでしたが、少し前に出かけた公民館でも、同じような場所に換気扇があるのを見かけたので、当時多かったのかな?と思ったり。
タバコ用なのかしらん?

とりあえず、使う予定が無いので外してしまいました。

でも、あまり電線の通っていないこの家で、ここに来ている電気を無駄にしちゃうのモッタイナイなー。


090924-1-3.jpg
…というワケで、外壁に穴を開けて屋外コンセントを設置してみました。
ゆくゆくは、このあたりに照明をつけようかなと思っています。

もともとが換気扇用の配線なため、壁にスイッチがありました。

それを利用して、外の照明のスイッチに。このあたりにちょうど物置があるので、便利に使えることを期待してます。


拍手する
2010/01/08

ドアの取っ手交換

100108-1-1.jpg
こちらはトイレのドア。カッティングシート貼りまではしてあったのですが、取っ手交換が少々面倒で行き詰まる…。そのまま取っ手なし状態で半年以上放置されておりました。

工事も終盤だし、そろそろねーということで、取っ手つけ再開。困難なこともありましたが、なんとかなりました。ほっ。

以前の取っ手と鍵(トイレのドアなので鍵付きなのです。)は、それぞれが独立しているだったのですが、今回使用するものは一体型。穴の位置も少しずれる上に拡張しなければはいりませんでした…。ドリルとノミで格闘したmosさん、お疲れ様でした。


100108-1-2.jpg
そしてこちらはキッチンのドア。

鍵はないので比較的スムーズに行くと思いきや、元の取っ手をはずす段階で問題発生。何本かのビスが錆びていて抜くことが出来なくなっていました。
いろいろな道具を使って頑張ってみたのですが、どうにも抜けないのです。ここで破壊王(=pin)がお得意の破壊行為に(笑)!

薄いプレート部分をラジペンなどでつかみぐにゃぐにゃ曲げつつ、最後は引きちぎりました(引きちぎったのはさすがにmosさんです…)。プレートの厚みの分だけビスの軸が見えたのでネジザウルス(コレ、ホント便利)でなんとか抜き取りました。

こちらも、穴の位置が若干ズレる感じでしたが、なんとか収まったのでヨシとしましょう。


100108-1-3.jpg
ただ…。

もとの取っ手の台座の裏にはニスが塗ってなかったのです。なのでこんなにアトがくっきり。近々ニスを塗っておこうと思いますが、日焼けの分もあるので全くわからなくはできないかも。


100108-1-4.jpg
こちらは最近購入した、材料。以前から、この家のデッキ(と言うよりも縁側?)を作りなおそうと思っており材料を何にしようかと検討していました。

いろいろ考えつつネットをさまよっていたmosが発見したレッドシダー端材です。

クリア材がお手頃なお値段でウレシかったー。自分家の分まで欲しくなりました(何に使うあてもないのだけど 笑)。

縁側自体は、引越後に作ろうと思っているのですが、とりあえず選別して必要な長さにカットしまとめて納戸へ。
縁側づくりは楽しみだなぁ。その前にしなくてはならないことが山積みだけど。


拍手する
2010/02/19

縁側解体

100219-1-1.jpg
今日は久しぶりに母の家の作業。

古い縁側(矢印の部分ね)を解体します!

コレ、この家の購入時の写真なので、家の中にベリベリ破れた障子が見えますね。


100219-1-2.jpg
踏み板部分からスタート。

カバーを外した中にあるネジを外すと、あら簡単!に外れました。


100219-1-3.jpg
枠の解体も問題無し。


100219-1-4.jpg
あっという間にハズレていきます。
最後に残っていた、脚の周り。コンクリートが見えたので、大変かも…と覚悟していたのですが、試しに引っ張ってみたら、コンクリごとポロっと抜けました。ハハ。

あっけないくらいの簡単さで、解体終了?。

解体したものの始末の方が大変かもな…。


拍手する
2010/03/12

納戸周囲と縁側パーツ、塗装中

100312-1-1.jpg
今日も晴れ。pin母家で、納戸周囲とNew縁側のパーツの塗装作業をしました。今回の塗装には水性ウッディガードを使用しています。

縁側のパーツは結構細かくて量が多いです。写真に写っているのは1/3弱位かな。


100312-1-2.jpg
納戸の破風や鼻隠しも、グレーになってきているので塗装。元々は無塗装だったみたいです。

ドアと窓の周囲など、木部は全部塗装する予定。


100312-1-3.jpg
脚立の乗り降りが若干疲れますが、順調に塗り進めています。
塗る前と後、写真だと違いがわかりづらいですね。


100312-1-4.jpg
納戸周りを順調に塗り進めつつ、はっと気づく…。コッチ側の破風は無理だ。

あんまり気にして見ていなかったけど、この納戸ってものすごく境界ギリギリに立ててあるのねー。
今更どうにも出来ないけど、かなり驚いたわー。


拍手する
2010/03/14

New縁側、組み立て・設置スタート

100314-1-1.jpg
今日も、pin母宅の縁側の作業。

今回の縁側は木工ランド方式を少し簡略化した方法で作成するので、まずは根太パネルの作成から。あまり大きなものではないので、地面に寝かせることなく作業。

細長?い、パネルが出来ました。


100314-1-2.jpg
端材を脚にして、予定の場所に仮設置。

正面から見るとこんな感じ。元々あったものよりも奥行きが減った分、横に長くなった感じです。


100314-1-3.jpg
これくらい長いと、どっちの掃き出し窓からも出入が出来ますね。

それぞれの位置に、束柱をあてて見ながら沓石の位置決めをしました。

その後、


100314-1-4.jpg
位置決めが終わった、沓石の周囲になにやら薄い枠が…。

実は、これ型枠です。
コンクリートの上とはいえ、そのまま沓石をおいただけではちょっと不安なので、周囲をモルタルで固める事にしました。


100314-1-5.jpg
モルタル担当はmos。

元々あったコンクリート部分は水はけのために、傾斜しているので、まっすぐ立つように調整しながらです。
頑張れ?。


100314-1-6.jpg
すべてにモルタルを入れた後、束柱の必要な長さを測定し長いものから切り出し。
pinは、カット後の木口に塗装し位置がわからなくならないようにナンバーをつけました。

しばらく養生してモルタルがOKになったら、続きの作業をする予定。
大変だけど、どんどん形になっていくのは楽しいなぁ。


拍手する
2 / 41234
canadian pharmacy online FDA CIPA approved buy viagra soft Buy only from licensed online pharmacy ^#{' buy levitra licensed Canadian pharmacy. Product description canada pharmacy #]^ buy viagra professional and compare prices. Full details of the medication: composition, manufacturer, purpose, use, contraindications, located on the canadian pharmacies <,[ viagra professional We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer. The accumulation of points and extra discounts makes favorable re-order in canadian pharmacy ;]# medicines online order We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer.