2022年8月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ


2011/06/07

ロールキャベツ!

震災以降、避難所での炊き出しのボランティア活動をしている友人のお手伝い隊として 会津美里へ前回に引き続き行ってきました。

ちなみに前回のメニューは餃子とわかめスープ。

110607-1-1.jpg
今回のメインはロールキャベツです。

前日にある程度仕込んで出かけました。友人の家にお手伝い隊3名も集合し、ロールキャベツ巻き巻き。
100食分のロールキャベツは圧巻です。


110607-1-2.jpg
今回も避難されているお母さん(年齢は幅広いのですが、しっかりした避難所のお母さん的存在だー)達と一緒に調理!…っていうか、あまりの手際よさに押され気味(笑)。わいわいがやがや楽しいです。

これだけ女性が集まると、料理の味付けやちょっとしたコツの情報交換会になったりして(笑)、いろいろ勉強させてもらってます。


110607-1-3.jpg
大根葉と小松菜があったので、乾燥わかめを加えて美味しいお惣菜も出来ました。

白いご飯が欲しくなるわー。


110607-1-4.jpg
お年寄りのために、ロールキャベツは数ヶ所はさみをいれました。

仕上げに牛乳が入ってるんですよ。おいしさ太鼓判。

みなさんたくさん食べてくださってうれしかったです。


今日は女性はすごい!ということを実感しました。

この避難所のお母さんたちは自分たちで献立を考え、ある程度のお料理をしておられる上に避難所全体のムードメーカーになっているような感じでした。

大変なこともたくさんあるだろうけど、あはははーと笑って頑張っておられます。食事に関しては避難所内のルールもちゃんとしている感じでみんな協力しあっておられました。

女性は強い!女性は太陽!などと言われることありますが、初めて心の底からそう思ったかも。

あ、男性が弱いという事ではありませんので、誤解なきよう…モニョモニョ。

友人がこれまでの活動をまとめて書いています。彼女への応援もぜひ!
buku buku diary: 今までの炊き出しについて

…というわけで、なんだかボランティアブログのようになっていますが、作業もしてまーす。してますよー。

次回は自力建設部らしい(?)記事行きます!よろしくお願いします!

拍手する
2011/06/03

石巻再び

ウチの市の平日ボランティア隊が半月ほど延長になったとのこと。

前もってお願いしておいたため社協の方からお電話をいただき、再度2泊3日で石巻へ出かけてまいりました。
110603-1-1.jpg
前回は旧北上川より西の、石巻港周辺での作業でしたが、今回は石巻漁港周辺の地域での活動でした。

初日(6/1)に訪れたのは、旧北上川にも近い地域。
向こうの方にちらっと看板が見える工場では、数人の方が瓦礫撤去やお掃除をしておられました。
たまたま車でUターンするときにその姿が見えたのだけど、それを知らなかったらゴーストタウンのような雰囲気です。

前日にたくさん降った雨の影響もあり、道路にはかなり水が溜まっていました。


110603-1-2.jpg
1枚目の写真からくるりと後ろを見るとこんな風景。

このあたりは工場や倉庫が多いようですが、ほんの少し道をはいると住宅街なのです。
今日は1件のお宅の庭や玄関周辺の泥や枯れてしまった植木の片付けなどをしました。

今回は私達(14名)に加え他の団体さんも合同のチーム編成。比較的狭い場所に人があふれかえっていました。

あっという間に依頼された作業は完了。
待ち時間が多く、やる気マンマンで出かけてきた私たちは若干不完全燃焼気味…。

あ、こう書くと人手が足りているように勘違いされてしまうかもしれませんが、私たちが初日ということもあり(イヤ、それだけではないと思いますが…)マッチングがうまく入っていない模様でした。うーん…。

人手はとにかく不足しています。専修大に設営されているテントもずいぶん減った印象だし、街中で見かけるボランティアさんも以前よりは減りました。
もちろん、たくさんの人ががんばっている成果で以前よりは少しずつ片付いてきています。
でも、まだまだ人手が必要な場所はたくさんあります。

前回訪れた時から3週間経っての再訪ですが、気温が上昇してきたこともありハエがかなり増えている印象。見たこともない大きなヤツにもたくさん遭遇しました。

想像していたよりはひどくなかったのですが、もちろん魚介類の腐敗臭もありました。


110603-1-3.jpg
2日目(6/2)は、避難所になっている湊小学校の近く。

午前中は2班に分かれての活動で、私たちは学習塾として使っていたアパートからの畳や家財の搬出と泥だしという内容。

現場近くの道路では、道路を砂利でたいらにする工事や新しい電柱の埋設工事などが行われていました。


110603-1-4.jpg
以前にもこの辺りに来たボランティアさんや、地元の人のお話では、この道はかなりよくなったそう。

震災後しばらくはここにたくさんの車が重なるようにあって、その上を歩くしかなかったんだとか。
陥没もひどく常に冠水していたそうです。
まだ低いところがあるから…と今日は砂利の追加をしていたのでした。

今日の依頼主さんはご自宅で被災され、ここが気になっていたものの、状況が悪いため少しの間は近寄る事が出来なかったそうです。


110603-1-5.jpg
1階のお部屋。

ここまで水が来たんだよと、壁に残ったラインが教えてくれました。


110603-1-6.jpg
ビフォーアフターを撮影しようと思ったのですが、実はコレ途中経過。

この上に12枚の畳と本棚その他の家具が4、5個ありました。

この後、依頼主さんと一緒に必要なものを確認し先に搬出。その後は散らばった紙類をひとつずつ拾い、土のう袋にまとめました。時々出てくる大切そうな物はその都度依頼主さんに確認。

教材、絵本、連絡帳などなど、学習塾らしいものが沢山ありましたが、全て水をかぶってしまっているので破棄することになりました。
捨てるのがためらわれるようなものも多く切ない光景ですが、当日塾がお休みだったのでここでは誰も被害にあっていないことが救いです。

依頼主さんも、もしあの時ここにいたらと思うとぞっとします…とおっしゃっていました。


110603-1-7.jpg
あらかた紙類を拾った後、ヘドロ混じりの泥を出しまくりキレイにしました!

途中で依頼主さんが青空セブンイレブン(駐車場を使って週に数回開いているらしい)で飲み物とシュークリームを買ってきてくださいました。

シュークリームパワーで頑張りましたよ。ごちそうさまでした!

この場所はようやくこれで大家さんに返すことができるそう。依頼主さんもこれで一区切りです。


最終日(6/3)は、高齢の女性が一人暮らししているおウチ。

震災後、結構ナーバスになっておられるとのことで、ミーティング時に『女性の方、お願いします』と言われ出発。こういう所は女性が活躍出来る場なのです。依頼したとはいえ、ただでさえ気持ちが参っているところにいきなり10人以上のよそ者がやってきて家に入るのですからそれもストレス。自分の身に置き換えてみれば当然つらいことでしょう。女性の立場でいろいろお話しして緊張をほぐしてあげてくださいとのことでした。

今日のワタクシ、肉体労働はほとんどしませんでした。小さなお掃除などをしながら常に依頼主さんとおしゃべり。でも気持ちを切り替えるのは本人にしか出来ないこと。私たちが出来るのはほんの少しのサポートでしかありません。

一緒にモノを片付けながら、だんだんと冗談を言ったり笑ったりされるようになりました。
最後に3月のままになっていたカレンダーを自分でめくってくれたこと、うれしかったなぁ。

『松島には行ったこと有る?きれいなのよ。すごく素敵だから見たほうがいいわよ。ここらへんもだんだん良くなるからまた遊びに来がてら寄ってみて。あぁ、あと10年は生きなくちゃね』と言う言葉で見送ってくれました。

うん、頼もしい。松島とセットでまた来なくちゃね。

…と言うわけで、予想通り長くなってしまったレポにお付き合いいただいてありがとうございました。

同じシステムでもう一度行こうかと思っていたのですが、他の地域も見てみたいので市のボランティアへの参加はこれで終わり。

まだまだ、ボランティアが不足している地域は沢山あります。

さて、次はどこに出かけようかな。

拍手する
2011/05/20

ようやく!

110520-1-1.jpg
久々に大物を購入しました!

路線便で本日到着。さすが大物。
パーツの数もたくさん!なんと36個口です。

さて、これはなんでしょう?


110520-1-2.jpg
写真をよくみると、コタエがありますね(笑)

そう、南側にとりつけるバルコニーをようやく購入しました。あ、屋根部分も購入したので正確にはベランダですね。(ベランダとバルコニーの違いは?

運送屋さんに、『自分で組み立てるの??大丈夫?』と言われましたが、まぁ家よりは小さいものだし何とかなるでしょう。
大きなプラモデルみたいな感じだしね。

そのうち組み立てるつもりです。まずは下準備をせねば…、いやその前に、このパーツをある程度片付けないといけないな。駐車スペースが無くなっちゃったもん(汗)。


拍手する
2011/05/19

工房風?

110519-1-1.jpg
塗装まで済んでいたプラットホーム 、いよいよキチンと床に仕上げることにしました。


110519-1-2.jpg
コンクリートブロックはこんな風に配置。置いてある場所は石などをざっと片付けて、グラグラしないようにしてあります。

傾いていると作業ができないので、短くカットしたツーバイ材の端材で脚を作成しそれを取り付けて微調整してあります。


110519-1-3.jpg
合板を全部貼り終わった後、ゴロリンと寝てみました(笑)気持ちいいわー。

左右の部分は細い合板(メインで使った合板の端材)を重ね貼りしました。
なんでも作業中に自分が落下するのを防ぐためとか。足元に少し段差があれば、『あ!』って思うかもね。

そんなわけで完成したので、荷物も移動し始めました。

一番奥に見える棚(?)は、この冬に室内でレタスを育てているときにプランター置き場にしていたもの。これからは、工具置き場に役割が変わります。


110519-1-4.jpg
テーブルソー、ウマ、スライド丸のこなどがお引越し。

この方々、これまでは置く場所がないため玄関の土間部分にドドーンと置いてあったのです(笑)。
これで、ちょっとフツーの玄関っぽくなりました。

まだまだ外作業が続くので本格稼働はもう少し先になりそうですが、とりあえず完成。ひとつ片付いて一安心です。


拍手する
2011/05/13

考えの変化

2日目(5/12)と3日目(5/13)は同じおウチへ。

20名近い人員でバリバリ頑張ったけど、やっぱり1日じゃ終わらない。…というか、2日かかっても完全には終わらなかった。

4部屋分の床板を外し、釘を抜き、床下のヘドロ混じりの泥を出しまくり、土嚢袋に詰めて表通りの集積所になっている空き地へネコ車でひたすら運ぶ。

外に置き去りになっている膨大なゴミも表通りの空き地へ運ぶ。ゴミといえども、大切な物が混じっていることもしばしば。今回はおばあちゃんの遺影が出てきたりしました。

お弁当を届けがてらお昼から合流した、チームの炊き出し班であるお母さん2人は水をかぶってしまった建具の枠を丁寧に洗浄。これは女性が最適な作業。ピッカピッカにしてくれました(感謝!)。

『力仕事出来ないから…』と躊躇している女性も多いと思いますが、全然OK。女性ならではの作業も沢山ありますよ。お話聞く事だって、泥をかぶった物の洗い物だって、お掃除だって。それに男性ばかりのチームより和むしね(私が居て和んだかどうかはわかりませんが(笑))。

作業中は必死にやっているので写真や動画は撮れませんでしたが、“そうそう!作業内容はこんなだったよ”という動画を発見したので下に貼っておきます。

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

この動画を見たとき、自分が行ったところかと思うくらい家の雰囲気も作業内容も似ていて驚きました。この動画は4/9のもののようですが、その頃と同じ作業を昨日も今日もしたってことは、1ヶ月経ってもまだまだこういう家がいっぱい残っているってことですね。

この内容、どう頑張っても手作業でしか出来ないものばかり。

周囲には同じようにボランティアチームが入っている家も何軒かあるけど(2軒お隣には群馬県のチームが入っていました)、手付かずの家もたくさんありました。

110513-2-1.jpg
依頼者のお宅。これは3日目の作業終了間際の写真ですので、だいぶ外見が片付いているように見えますが、最初は流れ着いた物や外に出された家財などで大変な状況でした。

1階は、人の背丈近くまで浸水していてめちゃくちゃになってしまっているので、2階で生活しておられます。

1階にあるトイレとキッチンだけはなんとか使えるようになっていました。


110513-2-2.jpg
違う角度から。

右手のゴミの山は最初の半分位になったんですよ。横たわっているふすまの手前にはヘドロの土のう袋が山のようにつんであったし。

依頼者の敷地内しか片付けられないので、その向こう側は手付かずのままにせざるを得ませんでした。

ゴミ山の奥にある青い屋根の倉庫は、もっと手前にあったらしい。近くにあったフェンスの位置もかなり動いてたし。


110513-2-3.jpg
最後の休憩中に撮った写真。

これでもかなりキレイになったのだけど、このあとさらに頑張って家の前に積んであるモノも必要かどうか確認しながらぜーんぶ片付けました。ここにあったもののうち捨てないものは全て手洗いしました。

地面が見えたら超スッキリ!(写真とればよかった…)


110513-2-4.jpg
そして今日のMVP。

キッチンが使えなくなっちゃうことと、他の部屋(和室)と違いフローリングで床板を剥がすのが困難だったため、キッチンの床は剥がしませんでした。そのため、若い彼は床下収納庫を外して地下に潜入し、真っ暗な中、何時間もヘドロをかき集めてくれました。

作業中、おばあちゃんのお位牌も見つけちゃったりして…いい仕事してるねぇ。


…出かける前は、みんなが自分に出来ることをすればいいんじゃない? そう思っていました。

でも、町の風景や頑張っている人達(被災者の方だけでなく)を見たら考えが大きく変わりました。

誤解や反論を恐れずに言うと、無理してでも現地に出かけた方がいい。そう思います。

募金するのも支援、自分の生活やお仕事をしっかりすることも支援。思いを寄せる事も支援。チャリティーのライブ、フリマ、よいなーと思います。

でも、それにプラスして被災地へちょっと無理してでも行って欲しい。1日でもいい。人手がなければ終わりません。

私が見たのは石巻のほんの一部。石巻全体では?他の町は? もう少ししたら梅雨になります。暑い夏もすぐそこです。

私のように行きたい気持ちをもっていても踏み切れないでいる人、頑張って!

個人で行ったら迷惑なんてことはないし、初心者は役に立たないなんてことは全然ありません。

女性も、年配の方も大丈夫(体調管理は出来ないといけませんが)。
調べてみればいろんなトコロに沢山のニーズが転がっています。
ツアーだってあるし、参加しやすいカタチで参加してみてはいかがでしょう。

このレポを読んで1人でも行ってみようかな?と思っていただけたら嬉しいです。

自慢話をしているようで若干気が引けるのですが、会う人会う人にも話しています。どこかでその話をまた聞きして行ってみようかと思ってくれるかもしれないから。

『大変だったでしょう?』とか『えらいね』とか、『頭がさがる』とか言われましたが、そんなたいそうなことはしてきていません。大勢の人が現地に入って、『行ってきたの? 私も行ってきたよ』位になったらいいな。

私たちも、また行けたら…と相談しているところです。

もし行ってみようかな…と思っていただけた場合は、以下の各ボランティアセンターのサイトなどで最新状況をご確認くださいね。

■ 宮城県災害ボランティアセンター
■ 岩手県災害ボランティアセンター
■ 福島県災害ボランティアセンター

拍手する
canadian pharmacy online FDA CIPA approved buy viagra soft Buy only from licensed online pharmacy ^#{' buy levitra licensed Canadian pharmacy. Product description canada pharmacy #]^ buy viagra professional and compare prices. Full details of the medication: composition, manufacturer, purpose, use, contraindications, located on the canadian pharmacies <,[ viagra professional We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer. The accumulation of points and extra discounts makes favorable re-order in canadian pharmacy ;]# medicines online order We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer.