2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

アーカイブ


2004/08/29

引っ越しましたハガキ作成

 8/31?9/3は那須に出かけ、諸手続きや建築士さんとのお話をしてくる予定。せっかくなので、少し荷物も持っていくことにしました。

 明日はワゴンRくんを迎えに行ったりと忙しく、1日つぶれてしまうので今日のうちに着替えなどの支度&持っていく荷物のまとめ。

 引越し後はスグにPC使えなさそうなため、夜になってから『引っ越しましたハガキ』を作成した(してもらった)。←pinはデザインえらんだだけ。

 いつもぎりぎりに年賀状作ってる私達なのに、今回はエライなぁ。

拍手する
2004/08/28

プロとの雑談

 来ました再見積もり。トイレのサイズを何度も丁寧に測り、出来るだけ安い金額で済むように、便器の種類を色々と考えてくれています。ちょうどいい機会だから、キッチンの床をどう(どんな素材で)リフォームするべきか相談したところから、話が大きくなってしまいました

業者さん 「クッションフロアーが一番いいんじゃないんですかねー。この床ご自身でお貼りになったんですか?すごいですね。」mos 「薄いリフォーム用の床材は、やっぱり難しいですよね。2階はそれを貼ったんですけど。」

業者さん 「へぇ。2階もやられたんですか。見せてもらっていいですか?」mos 「いいですよ。散らかってるけどどうぞ。」ここで2階を見てもらったついでに、昨年自分で壁を抜いて、2部屋を1部屋にしてしまったことを告白。
エアーコンプレッサーの存在が見つかる(っていうか置く場所ないから、キッチンにどうどうとおいてあるんですが)。
業者さん 「もしかして、引越し先でご自分の家作られるんですか? いいなー、ログハウスですか? そうですか、2×4なんですかー。資金は? 楽しそうですね。出来あがったら見せてくださいよ。こういうお話初めて聞きましたよ。」
 と、いう展開。

 業者のお兄さんは、セルフビルドに興味津々。長々と雑談し楽しそうに帰っていきました

 mos的には、かなり恥ずかしかったらしいです。そうかー相手はプロだもんね。

拍手する
2004/08/27

小さなシアワセ

 8時にTELがあり、「9時に伺います」とのこと。
同じく寝不足気味のmosを起こして着替えを渡したり、掃除機かけたり・・・

 “あ、あと15分ある。メダカに餌でもやっておこう”と、ボサボサ頭で玄関を開けると、そこに作業着のお兄さんが立っていました
「あ、あの早くつきすぎちゃったんですけどいいですか?」 ぼんやりしていた目が覚め動揺。
「あ、あのどうぞ。」
 mosもなんとかよろよろ起きてきました。

 いくつか希望を伝え無事見積もりも終了。とても良さそうな方だったのでホッとしました。

 今回の移住に関してたくさんの人に出会いましたが、みんな感じのいい方で“すごくラッキーだなぁ”と、シミジミ思います。根が単純なので“やっぱ、この移住正解なのかも”と喜んでいます。

 mosは“いい人でよかったね?”と思っていながらも、まだ石橋をトントン叩いています。なんとバランスのとれた夫婦でしょう(笑)。

 ・・・なんて一人でニヤニヤ考えていたら「すみません、明日もう一度トイレのタイプを見に行かせていただきたいんですが・・・」とTEL。“うわー、明日もかぁ。”と、まだ部屋は散らかってないのに、ついつい反射的に緊張してしまいました。

◇ その他にした事
 午後に区役所へ行って転出の手続きをし、健康保険料を(滞納分も含めて・・・ごめんなさい)支払い。

 健康保険の係りの人も、とても丁寧で感じのよい方ばかり。午前中につづいてとてもシアワセな気分になりました。

拍手する
2004/08/26

今度こそ

 明日午前中に、見積もりが来る予定。

 9月に引っ越した後は、東京の自宅は誰かに貸そうと思っています。あちこちそれなりに生活感が漂っているので、貸す前にリフォームすることに。壁紙や床張りは自分達でやることにしたんですが、トイレだけは大変なので業者さんにお願いすることにしました。その見積もりが明日なワケです。

 大変です。人がこの家にあがるんです。

 テレビとかで見るお家ってキレイですよねー。いつもあんな風になってるんですかねー。ウチはただでさえそれとは程遠いのに、引越しのゴタゴタであっちもこっちも散らかってるし。・・・というワケでせっせと片付け中。トイレ見るだろうから(当然ですね)、それなりに磨いとかなきゃー。

 あぁ?、苦しい。“これを機会にいつもお部屋はきれいにしておこう”と、誓いをたてているところ。今度こそ。たぶん・・・きっと・・・出来るといいな・・・

拍手する
2004/08/24

トラウマ?

040824-1-1
 今日もダンボール詰め続行中。正確に言えばmosさんが頑張って続行中。

 4年ほど前に、一人暮らしのマンションからここへ引越してきた時は本当に大変でした。私でなく周囲の方々が

 あの頃は俗に言う“モノを捨てられない性格”で、モノをたくさん持っていました。

 おまけにもともとノロノロさんな上に、なぜか“耳の穴からエクトプラズマ抜けちゃったみたい”な感じでかなりボーっとしててヤル気も出なかったんですよ。ハイ。はっきりとは思い出せないんですけどね。

 お金も無かったので、“男気のある女友達Fさん”がレンタルの2トントラックを運転して手伝ってくれました。当日になっても準備が全く終わっていない私。ノロノロと箱詰めし、困り果てて部屋の中をウロウロする私の横でmosとFさんがちゃっちゃと箱詰め・ダンボール運び。お2人いわく“1日で終わらないかと思った”とか。

 聞くだけでイヤなヤツですよね。あー本当に申し訳なかった。あの頃の私はなにかヘンだったんです(mosに言わせれば“今と変わらない”らしいですが)。



040824-1-2
 そして、あれから初めてのお引越し。今回はmos中心に、かなり早くから荷造りしてます。やっぱり私は役立たずで、指示されるままに動くのみ。ダンボールもたくさん積みあがり、1週間以内に引っ越せそうな勢いです。黙々と荷詰めにいどむmosを見て“きっとあの引越しがトラウマになっているんだろうな?。”と、気の毒に思う毎日です。

 ちなみに引越し経験は
pin → 大小とりまぜ7回くらい。
mos → 1回。しかも近距離なのでほとんど手運び。

 ・・・経験値があがらないタイプなんですかねー、私。

 あ、余談ですが“男気のある女友達Fさん”は、レンタカー屋さんで2トントラックを見たとき、一瞬凍りついていました。普段生協の配達をしているので、このサイズの車の運転はばっちりなハズなんですが。

 後で教えてくれたんですが、普段乗っているのはオートマのトラック。“マニュアルなんて最近全く乗ってなーい”のに目の前のトラックはバリバリのマニュアル車。それでもなにも言わず頑張って運転してくれたFさん。本当に男気にあふれてます。



拍手する
canadian pharmacy online FDA CIPA approved buy viagra soft Buy only from licensed online pharmacy ^#{' buy levitra licensed Canadian pharmacy. Product description canada pharmacy #]^ buy viagra professional and compare prices. Full details of the medication: composition, manufacturer, purpose, use, contraindications, located on the canadian pharmacies <,[ viagra professional We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer. The accumulation of points and extra discounts makes favorable re-order in canadian pharmacy ;]# medicines online order We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer.