2004年
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 12月
2004/12/22
捨てコンが打ってあった
写真1.jpg
 昨日、先行配管の位置について質問があり、建築士さんに電話しました。

 質問が終わった後「今日捨てコン(※1)が打ってありましたよね。数日したら配筋(※2)をして、その上にベースコン(※3)を打ちます。年内に出来るのはその辺までかなぁ。遅くなっちゃって本当にごめんなさい」とお話がありました。

 “ん?捨てコン?あれ、今日砂利だったような・・・”

写真2.jpg
 と言うわけで、今日も現場を見に行ってきました。

 ホントだ〜捨てコンが打ってある。昨日の午前中はまだ砂利の状態だったので、おそらく午後に基礎屋さんが来て作業をしたんでしょう。

 昨日打ったばかりなので、やはりまだ乾いてないですね。

 数日養生してから、次の作業になると思われます。

写真3.jpg
 昨日見た先行配管はこんな感じになりました。

写真4.jpg
 見づらいと思いますが、赤丸の中の白い物は“雪”です。
 (写真をクリックすると大きくなりますので、確認してみてね)

 今日は雪虫と間違うほどのほんの少しの風花が、ずっとちらちらと舞っていました。山の方ではきっと、たくさん雪が降ってるんだろうな。

※1 捨てコン---捨てコンクリート。建物の位置や水平を正確にだす為に打設するコンクリートのことで、基本的には構造上の意味はない(厚さ50ミリ〜100ミリ)。※2 配筋---ウチはベタ基礎。ベタ基礎とはお弁当箱をおいたみたいな形の基礎で、底面にも全部鉄筋が入っています。その鉄筋を組み上げること。※3 ベースコン---お弁当箱型の基礎の底面の部分のコンクリート。これを打ってから、周囲の立ち上がり部分のコンクリートを打つ。