2004年
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月
  • 2005/01/08
  • 現場はブルーシートがかかっていた
  • 2005/01/10
  • morso7110CBの見積もりが来た
  • 2005/01/15
  • 建築士さんとお出かけ (木材の打ち合わせ編)
  • 2005/01/15
  • 建築士さんとお出かけ (薪ストーブ屋さんと打ち合わせ編)
  • 2005/01/15
  • 建築士さんとお出かけ (三人での打ち合わせ編)
  • 2005/01/16
  • ベースコンクリートの打設確認
  • 2005/01/18
  • 薪ストーブの炉台について考える
  • 2005/01/20
  • ウチの間取り図大公開
  • 2005/01/24
  • 何年経ったと思ってるんだ?
  • 2005/01/25
  • 型枠作業中
  • 2005/01/26
  • 週末は暖かいらしい
  • 2005/01/28
  • コンクリート日和
2005/01/28
コンクリート日和
写真1.jpg
 今日は晴れ。気温も10℃以上あってこの辺りにしては結構暖かいです。明日も気温が高いし、絶好のコンクリート打ち日和。

 コンクリートは乾いて固まると想像する方もいらっしゃるでしょうか(昔の私だけ?)。

 コンクリートは化学反応(水和反応)で固まるんです。反応のためにはある程度の気温が必要。夜間も零下になってしまって凍結すると大変です。コンクリートについての参考ページはコチラ



写真2.jpg
 昨日建築士さんから今日打設するという連絡をもらっていたので、早起きして現場に出かけました。

 現場に近づくと、コンクリートミキサー車2台と圧送車が見えました。基礎屋さんも既に作業中です。



写真3.jpg
 生コン屋さんの作業員さん。

 なんかこう、現場で働いている方ってかっこいいですね。



写真4.jpg
 基礎屋さんはご家族で仕事をされている事が多いようですね。

 ここも今日は一家総出です。ご夫婦&娘さん&娘婿さん。娘さんはかなりしっかりしてて、お父さんにダメだしするらしいです(笑)。

 コンクリートは水セメント比が大切と言われています。固めに練ったものが良いようですが、コンクリート屋さんが圧送ポンプが詰まるのを嫌がったり、基礎屋さんが施工がしづらくて面倒に思ったりで、水を足して緩くしてしまうケースも多いと聞きます。工場を出る時は適正なかたさだったのに、現場に着いてから水を足すケースまであるようです。

 今日の作業を見ていた限りでは、特に水っぽい感じもなくドロドロしていたので、多分問題ないと思います。素人なので、何度も生コンを見た事があるわけではないので自信はないですが、私達の後に建築士さんも確認に行ってくれているので安心です。



写真5.jpg
 アンカーボルトの固定には、セット金具を使用していました。いろいろな会社から出ている便利モノです。

 そういえば、基礎屋さんと初めてお会いした頃に「沢山買いすぎちゃったよ。でも、アレ(セット金具)があれば楽だもんなー」と言ってたなー。

 これから一定期間(冬だから少し長めかな?)養生して、その後、玄関ポーチと薪ストーブの下になる部分にもう一度コンクリートを打ってもらう予定。もうしばらく基礎屋さんにお世話になります〜。