2004年
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 3月
2005/03/26
土台完成
写真1.jpg
 今日の作業は土台の釘打ちからです。

 土台の継ぎ手部分に釘(CN75)を3本斜め打ちします。

 2×4用は釘をたくさん打つ工法です。釘の種類は5種類(CN90、75、65、50、ZN釘)で、どこにどんな向き・どんな間隔で何本打つかは、住宅金融公庫仕様書で決められています。

 釘は見分けやすい&(工事監理の方が)あとからチェックしやすいように色が付いています。

 ちなみにCN75は青。土台では基本的にこの青い釘しかつかいません(ウチは少しイレギュラーな部分があるので、もう1種類使いますが)。

写真2.jpg
 こんな角度で打ちます。

 斜めに釘を打つなんて今までした事がなかったので、コツをつかむまでは結構大変でした。

写真3.jpg
 打ち終わった部分はこんな感じ。

 全ての継ぎ手部分を3本ずつ打ち終えれば完成です。

 慣れない斜め打ちに少し手間取ったものの、打つ本数も少ないので、思ったより早く終了しました。その間、私はアンカーボルトのナットの閉め忘れが無いかをチェックしました。

写真4.gif
 続いて土台補強を入れます。

 ウチは2×4工法の割には開口部が多いため、いろいろとイレギュラーな事が出て来ます。

 その1つが土台の補強。

 この図の中の一番上(北側)の部分とクロークの背面部分にある土台の横に2×4材を抱き合わせます。

写真5.jpg
 図面通りの長さに切って、釘を平打ち。

 こういった想定は住宅金融公庫仕様書にはないので、結構困ります。

 材の厚みを考慮し、今回は90mmの釘(CN90:赤色)を使用。

 打つ間隔や打ち方は念のため建築士さんに確認し、側根太と添え側根太を緊結する際と同じ、CN90F@300(千鳥打ち)*1にしました。

写真6.jpg
 完成図。

 随分厚くなりました。この上にLVLというこれまた丈夫な材が乗る予定です。

写真7.jpg
 基礎内に色々はいっているし、他の木材も置いてあるのでちょっと見づらいかもしれませんが、これで、土台は完成です。

写真8.jpg
 正面からはこんな感じ。

 この後は根太を作っていきます。

*1 CN90F@300(千鳥打ち) : CN90釘を300mmピッチで千鳥に平打ち(FはフラットのFです)