2004年
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 4月
2005/04/15
落ち着いた一日
写真1.jpg
 今日は昨日の続きで、2度目のキシラモン塗りと断熱材を固定するための釘打ちからスタート。
pin−キシラモン塗り
mos−釘打ち
 を黙々と作業。

 そのうち釘打ちが終了したmosもキシラモン塗りに合流。1時半頃ほとんど全部の箇所の2度塗りが終了しました。

 少しは気にしながら作業をしていたんですが、終わって見てみるとTシャツやズボンのあちこちにキシラモンが付いてました(笑)。

写真2.jpg
 【パーフェクトバリア(断熱材)】を固定するための釘は、根太の上端から8cmの部分に打たなければなりません。「いちいち測るのは大変だから・・・」と、端材をL字型にし上端から8cmの部分にガイドの為の穴を開けた治具を作ったらしい。

 パーフェクトバリアを合わせてみる→釘の位置を決め、ドリルでガイドの穴開け→釘打ちという手順。

 測りながらやるより断然早いとのこと。なんでも工夫が必要ですね。

写真3.jpg
 次に図面の指定通り、出隅5箇所にS-90という補強金物を取り付けました。

 1枚の真っ直ぐな帯金物の真ん中を折って使うんですが、折り曲げる作業は結構難しかったよう。

 色々考え、1面取り付けてからハンマーで叩いて曲げる方法が比較的良い感じに出来たそうです。

写真4.jpg
 今日までにキシラモンの2度塗りが終わっていた部分に床下用に購入した、ボードタイプのパーフェクトバリアを入れてみました。

 パーフェクトバリア1つの大きさは、約420×875mm。ウチの断熱材を積める隙間、様々なサイズになっておりまして、どこをとってもそのまま詰められる所がありません(泣)。

 しかもこのパーフェクトバリア、カッターで切断するのは結構大変みたい。カタログやHPでは【OLFAの特専黒刃】を推奨していましたが、黒刃でも多少難儀するようです。普通のカッターの刃じゃ切れないなこりゃ。

 試しに詰めたリビング部分の根太の隙間は約1,296×417mmなので、早速カット(泣)。約1.5枚分入りました。

 なんだか、ちょっと進んだ感じ。次回からは、コレを詰めて合板貼っての繰り返しが始まるんだなー。パーフェクトバリアの手触りも柔らかだし、『この作業楽しそう〜』と思っていたら、『カットが大変だよ。面倒くさい。大変だ〜』とmos。

 そうだった・・・。コレがまだ100ヶ所ぐらいもあるんだもんな〜。まだまだ時間がかかりそうです。