2004年
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 4月
2005/04/27
1階壁作り開始
写真1.jpg
 今日から壁作りをスタートさせました。

 昨日までの3連休中に、いろんな本や壁作りについて書いてあるサイトをもう一度良く読み、復習しました。

 その後でウチの縦枠図とにらめっこ。どんな順番で作って、どんな順番で立てるのが一番合理的かなどを検討。壁の勝ち負け(コーナー部分でどちらの壁を長くするか)や、窓の為の開口サイズもチェックしたりと、いろいろ考える事が多いです。

 とりあえず、こんな順番で進めていく予定。

1. 出来上がった床の対角線を測り、家の直角が正しく出来ているか確認。

2. 4方向の壁の下枠を図面通りに並べてみる。

3. 一番長い、南側の壁から作成開始。

 a. 上枠・下枠同時に必要箇所に墨つけ。
 b. 上枠・下枠の間に、図面通りの位置・数で縦枠(文字通り、縦方向に取り付ける木)を並べてみる。
 c. まぐさや転び止めを必要サイズで切り出す。
 d. 仕様書で確認しながら、必要サイズ・量の釘を打つ


写真2.jpg
 この写真は、とりあえずざっと並べてみたところ。

 参考書の中には、“下枠を床合板に打ち付けておくと良い”と書いてありました。どうしようか悩みましたが、こんな方法に落ち着きました。

 下枠の外側部分に、端材を3ヶ所ネジ打ち。とりあえずコレで、下枠がずれてしまうことはありません。

写真3.jpg
 ウチは2×4工法にしては開口部が多いので、こんな事になってますよ。
 構造屋さんに計算して頂いた結果です。一番多い部分はまぐさ受けを含めて5本です(泣)。

 木材の反りをコントロールしながら打ち付けなければならないので、クランプを使ってみています。

 通常は2×4材が1本ずつ等間隔で入っている事が多いです。

写真4.jpg
 この壁何人いたら起こせるのかな・・・。壁起こしボランティアさん募集中です(笑)。

写真5.jpg
 壁作り楽しい〜(後の事を考えなければ)。

 今回も手打ちで沢山釘を打つので、この壁の完成までもう少しかかりそうです。