2004年
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 11月
2005/11/02
最後の壁立て
写真1.jpg
 続いて、R階の壁立てに入りました。

 実は、Kさんが『せっかくとびさんがいるんだから、手伝ってもらえばいいんだよ〜。手伝うようにいうから何でも言って』と声をかけていてくれたんですが(優しいですね〜 泣)、壁立てのための準備に少し時間がかかってしまい申し訳ないので、お礼だけ言ってお断りしました。残念。

 すぐに始められればよかったのですが、今までR階への上がり下りのために開けてあった床を塞ぐ作業があり無理だったんです。

 と言うわけで、mos、クレーン屋さん、建築士さん(いつも感謝です)、pinといういつものメンバー(笑)で頑張りました。

 初めは北側の壁からです。2×6の壁ですがいつもより若干背が低いです。

 合板が丁度よい大きさだったので、胴まわりや屋根の側面までカバー出来るよう、上下にはみ出して張ってあるのですが、持ち上げる時に下にはみ出している部分が壊れないかドキドキでした。おかげさまで何事もなくクリア。クレーン屋さんの技術に感謝です。

写真2.jpg
 2枚目に起こしたのは、南側の壁。これはあっという間&必死だったので写真を撮れませんでした。

 そして次に西と東側の壁。そう、以前1階のリビングで実物大の図面と合わせて作っていたアレですよ。

 こんな軽々と空を飛んでますが、掃き出し窓から外に出すのが超超大変でした。4人でやっとでしたよ。重い重い。ここのクレーン屋さん、いつもクレーン以外の作業も手伝ってくれるんです。感謝感謝。

 結局、片っぽのスリングは簡易で作ったひっかけ部分に引っかけました。ドキドキです(良い子はマネしないようにしましょう 笑)。

 頭つなぎ部分に引っかかっているので、スリングを外すと壁が落っこっちゃうし、外すのにも結構苦労しました(苦笑)。

写真3.jpg
 こんな感じに出来上がりました。吹き抜け部分の周囲で、どうしても手が届かず釘が打てない部分があるので、仮筋交いはまだ外せません。

 屋根自体の作成も一杯一杯だったし、今日予定していた屋根あげは延期する事にしました。壁をきちんと固定しないまま載っけるのも不安だしね。

 明後日室内足場が着けば、全部の釘打ちができるので屋根あげはそれからに仕切り直しです。

写真4.jpg
 また少し背高ノッポになりました。

 この家の作業でもう『壁起こし』はありません。これで最後。ちょっと感慨深いです。

 なんとなく、最終形が見えてきたかなぁ?