2004年
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 12月
2005/12/23
奇跡?
写真1.jpg
 覚悟はしていたものの、憂鬱な気分で現場へ出勤。

 車で向かう途中にウチの建物が見えてくるんですが、なんと!ちゃんとブルーシートの仮屋根がそのまま残ってました。びっくり。あのものすごい風に10時間以上さらされて残っているなんて、思ってもいませんでした。

 早速R階へ。被害はこれ位です。信じられん。

 とりあえずシートの上の雪を下から叩いて落としながら周囲のチェック。

写真2.jpg
 左よーし。

写真3.jpg
 右よー・・・ん?

 なんか無い気が・・・

 あーーーっ!

 端っこに立っていた単管パイプが無い!!

 本当なら2枚目の写真と同じように立ってるはずの単管パイプがありません。

 『なーんだ、少しシートがはがれている位?』と思いながらあちこち歩き回ったのに、一瞬無くなっている事実に気付きませんでした。どこいっちゃったんだ?

 恐るべし、暴風。単管パイプ以外は何ともなかったのは奇跡だなぁ。

写真4.jpg
 細かく調査してみたところ、東側の単管パイプが立っていた辺り、いろいろすごい事になってました。

 四角い木っ端は単管パイプが立っていた台。その横の赤い線2本の内側、よ〜く見てみてください。がりがり引きずられたようなキズが。

 手前の方にもビスの破片が落ちてるし。

 キズの感じからなんとなく状況は分かりました。

 隣の透湿防水シートが貼ってある壁をおそるおそるチェックしましたが、小さな破れが2ヶ所だけ。

 いやー、まさにミラクルです(笑)。

写真5.jpg
 R階と、単管パイプが落ちていたあたりから出て来た、ビス。

 見事にすっぱり。

 4本中3本折れたらさすがに持ちませんわ。

写真6.jpg
 上を見上げたら・・・

 あらら転び止めが破壊されてます。

写真7.jpg
 ブルーシートもあちこちこんな大穴が。

 降っている雪がフツーにここから入ってきたりします(笑)。

 かなりビンボーな雰囲気を漂わせてます。

 それにしても、これ位で済んで良かった・・・致命的な被害はゼロです。

 まだまだこういう風の強い日があるんだろうなぁ。天気が悪くて難しいけど、出来るところは透湿シートを張って窓を入れたいところ。