2004年
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 2月
2006/02/15
北側自作窓の仕上げ 2日目
写真1.jpg
 今日も、北側の自作窓作業をしました。

 とりあえず全ての窓のツインカーボを入れ、コーキング剤を接着剤代わりに押し縁の裏側に塗ってからビスで固定。

 その後、外側・内側からバックアップ材を押し込みました。コチラの絵を参照して下さい。

 今回は5mmの隙間に直径6mmのバックアップ材を使いましたが、これだけでも意外としっかり固定され、びっくりしました。

 バックアップ材は、見た目はただの長いひも状ウレタンのような感じですが、中々のスグレモノです。バックアップ材にはコーキング材は接着しないので、コーキング(シーリング)の基本である2面接着が容易に出来ます。施工も簡単だしホント良く出来てるなぁ。すごい。

写真2.jpg
 マスキングテープは、ツインカーボ、窓枠にこのように貼りました。

 1つの窓につき外側、内側の2ヶ所あるので作業量は思ったより多く、時間がかかりました。

写真3.jpg
 何とか外側だけ、全ての窓のコーキングを終えました。最後の方はどんどん暗くなってきて、コーキングするのもマスキングテープをはずすのもよく見えなくて苦労しました。

 でも、今晩から雨がふるかもしれないので必死でした。

 この写真はまだ明るいウチに撮ったもの。コーキングって本当に難しいですね。中々きれいに出来ません。

 初めのうち、テープをはがす時にきれいじゃなくなってしまった部分を、もう一度ならしたりしてドツボにはまってしまったので、多少の事には目をつむり、乾いてから出来る部分だけ修正する事にしました。

 このコーキング材、ポリカーボネート(ツインカーボ)に使うのでアルコール硬化タイプを使っています。通常のコーキング材を使うとクラックが発生する事があるらしい。我が家で使用したのは【セメダイン】“シリコンシーラント8050”という商品。この他にも色々な会社からアルコール硬化タイプのコーキング材が出ているようです。

 とりあえず外だけですが、なんとか終わって良かったよ。明日はお休みして、明後日内側をやらなくちゃ。