2004年
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 2月
2006/02/25
悩 その3 合板の配置
写真1.jpg
 屋上部分を横切るように置いている木材は、この床の上に更に傾斜をつけて合板を敷くための、根太のような役割をするものです。

 丁度合板の縦サイズと同じ、1820mmの長さだったのでちょっと借用し、合板の配置を決めるためのパズルをしています。

 傾斜床に使用するのは12mm厚の実つき耐水合板なのですが、この先この材を使う事はもう無いので、使い道がない中途半端なサイズのものが大量に余るのは困ります。なので、出来るだけ無駄のないよう、しかしきちんとした強度で、施工しやすく・・・と考えています。

 既に下に施工してある合板と直交方向で張る上に、55mm程南の壁よりも出して張る予定なのでなかなかムズカシイ。

 さんざんパズルをした結果、455mmずらす千鳥張りで行く事にしました。はぁ〜悩んだけど、無駄な材料が最低限で押さえられそうなのでよかったです。