2004年
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 5月
2006/05/20
電気配線スタート
写真1.jpg
 昨日・今日と雨模様のため、室内での作業です。

 引越荷物の置き場所を確保するための室内整理や、mosさん待望(?)の電気配線などをしました。

 この記事にも書きましたが、2×4工法の家に穴を開けるのは結構大変。

 仕様書によると、穴はスタッドの幅の1/3のサイズまで、開けるのはど真ん中。というキビシイオキテがあります。

 配線は、出来るだけ壁や天井を通して見えなくしたい。しかし、1階から2階、2階から3階など階をまたいで壁内に線を通すには、上枠・頭つなぎ・根太・床合板・下枠という364mmの場所に穴を開けるという関門が待ちかまえています。

 あまりたくさんは開けないのですが、どうしても何カ所かは開ける必要が・・・

 と言うわけで、こちらのドリルが登場です。太さ12mm・長さ500mmです。

 もっと太い穴が必要なところは、とりあえずコレで開けてから、ちょっと短いけどもっと太いドリルビットで、上からと下からコジコジして太くします。

写真2.jpg
 こんな感じに開けました。

 垂直に開けないと階下に出て来た時はとんでもない場所だった!なーんてことになっちゃうので、慎重に。

写真3.jpg
 こちらは天井と壁をつなげる穴が開いてます。

写真4.jpg
 スイッチボックスを取り付けてみました。

 このボックスの使用目的はLANと電話。なので、上下にCD菅(我が家のは内寸16mmのタイプ)を取り付けてあります。

写真5.jpg
 ここは2階の寝室です。

 スイッチボックスの上のCD菅は、この壁の右上辺りから引き込んだ電話線が通り、下のCD菅は1階へのLANケーブルが通ります。

 この窓際に横長の机を作りつけて、2人分のコンピューターとプリンター、FAXの親機などを設置する予定なので、この部分に設置しました。

 スイッチやコンセントの位置を決めるのって意外と大変です。室内のレイアウトの完成形や、日々の住まい方がはっきり見えてこないと決めづらい。

 これまでにもいろいろディスカッションして、mosがある程度の配線図を書いてくれているのですが、現場で室内を見回しながら考えると変更もしばしばです。

 これも、住みやすい家づくりのための作業なんですよね。